2007年09月19日

Blackwater 「傭兵」企業の認可取り消し

ミリブロのアラブログ!さんで話題に取り上げられていた、PMC最大手企業 米国ブラックウォーター社のイラクにおける活動認可取り消しについて、Yahooニュースでも掲載されていました。
ブラックウォーター免許取消処分 - アラブログ!(arablog!)
「傭兵」企業の認可取り消し イラク政府、米と綱引き

「傭兵」企業の認可取り消し イラク政府、米と綱引き
9月19日8時1分配信 産経新聞

 イラクで外交官らの警護にあたる米国の民間警備会社「ブラックウォーター社」をめぐって、米・イラク両政府が綱引きを演じている。同社の武装要員の銃撃でバグダッド市民が死亡したとして、イラク政府が同社の事業認可を17日に取り消したのに対し、ライス米国務長官は同日、マリキ首相に電話で真相究明を約束するなど、事態の沈静化に躍起だ。

 米政府がイラクでの文民活動を保障するため、契約を交わした民間の武装要員は2万人を超える。事実上の傭兵を抱える民間警備会社の事業認可を、1社でもイラク政府が取り消すことを許せば、今後も米国の活動を支える“命脈”を、イラク政府に握られる先例となりかねないからだ。

 事の発端は、バグダッド市内を移動中の米政府職員の車列を狙った16日の襲撃事件だ。AP通信などによると、自動車爆弾の爆発に続き武装集団が車列を銃撃したため、警護中のブラックウォーター社の武装要員が銃で反撃した。この銃撃戦でイラク人8人が死亡、14人が重軽傷を負った。

 事態を重視したイラク内務省は、ブラックウォーター社の事業認可を取り消すと同時に、マリキ首相は「犯罪行為に対して捜査に乗り出した」と述べ、追及する構えを示した。

 イラクで展開する米国系の危機管理会社は、米軍特殊部隊の現役隊員を高給でスカウトし、銃器からヘリコプターまでを装備する。問題となった事業認可は正規軍なら地位協定にあたるもので、取り消されると要員は丸腰でバグダッドを歩かざるを得ない。

 ノースカロライナ州に本社をもつブラックウォーター社は、1997年に軍・警察の訓練コンサルタントとして設立。アフガニスタンを手始めに紛争地での警護サービスにビジネスを拡大。04年にはイラクで同社要員4人が武装組織の襲撃で惨殺されていた。


有名なBlackwater社だけに、彼らの持つ装備や、関連のBlackwater Gearなどは日本でも大人気。かく言う私もBlackwater Gearの装備を好んで集めてました。
とはいえ、そこに戦争や政治的意図はなく、単にそれらの機能美を求めていたにとどまるわけです。

いかに屈強な彼らとはいえ、今回の認可取り消しでさすがに「丸腰」で戦地での警備活動を行うのは事実上不可能でしょうね。
Posted by ahahamaster at 14:41│Comments(1)
この記事へのコメント
混迷の一途をたどっている状況ですね
イラク、アフガンにつづいた戦争ビジネスとも揶揄される
彼らですが装備、彼らの日常、果ては無保証ゆえの高給には
いろいろ興味が引かれるところです・・・

彼らにあこがれていないかといったらうそになる部分もあります。
でも現実はとても過酷なようですな。
Posted by at 2007年09月25日 09:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。