2010年04月19日

S&W M10 and US M-36 Belt

オニのような忙しさもひと段落した感じです。
疲れた体に激しい気温の変化がついて行けませんでした。そして、ついに先週は体調を崩してしまい、洪水のような鼻水の毎日・・・。


友人の愛銃であるガスリボルバーのM10ピストルをお借りしていると、何やら無性に写真を撮りたくなりました。
道具としての銃は、使い込めば使い込む程に、持って備わったその”機能美”がより一層引き立ちます。何なんでしょうね、この感覚は。マニアにしか分からない感覚なんでしょうか。

クラッシックなテッポーには、同じくクラッシックなピストル・ベルトと使い込まれた革製のホルスターがよく似合います。
こちらのピストルベルトはM-36ベルトとなるようです。帯裏側にはペンキで何かを意味する文字が記載されていますが、このペイントの風合いもまた情趣あふれる雰囲気を醸していて素敵です。


1920年代に登場したS&W M10は、「ミリタリー&ポリス」の文字通りに軍や警察で広く採用された回転式拳銃。連射性能で劣るリボルバーですが、オートピストルと違い、非常にシンプルな構造となっている為、作動不良が少ないというメリットがあると言われています。

4月に入ってもなお真冬を彷彿とさせる極寒の日がありますが、春本番ももうそろそろ。

地面深くに力強く根付いたこのタンポポも春本番を待ち侘びています。
早く温かくくならないかなー。
Posted by ahahamaster at 20:23│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。