2010年04月26日

L-1 Identity Solutions - HIIDE


DoD photo by Fred W. Baker III
アフガニスタンの渓谷で山道の警戒を行う米陸軍兵。
暇を見付けては米軍を中心とした写真データの収集作業をやっていますが、以前に見つけたこちらの写真で赤枠内にあるものが何ぞや?と思って調べてみました。


DoD photo by Fred W. Baker III
もうちょい拡大するとこんな感じです。「HIIDE SecuriMetrics」という文字が見えます。

米国NASDAQに上場のViisage Technology, Inc.の一部門企業であるSecuriMetrics, Inc。携帯用個人識別装置のメーカーで、今から4年ほど前にはDoD(Department of Defense:米国国防総省)より件のHIIDE (Handheld Interagency Identity Detection Equipment)の大量発注を受けています。

大きなところでは9.11に始まり、グローバル化が進むテロリズムでは、従来の国家間での戦争と違い、市民生活の中に潜む殺意に対する抑止が非常に困難になっており、こうして個人識別装置を用いる事によって、その状況の改善を見出す動きとなっているそうです。


Photo by Lance Cpl. Monty Burton; Special Purpose Marine Air Ground Task Force
アフガニスタンのとある村で現地の老人へiris scan(=眼球の虹彩の模様のスキャン)を行うタスクフォース下の米海兵隊員。

こうした個人認証データをサーバー上で共有化させることで、テロ未然の防止に役立てているそうで、現在もその普及に努めているそうです。

L-1 Identity Solutions Biometrics Division.ではこのHIIDEのスペックシートがpdfで配布されているので、興味深く読んでいました。
こちらの写真のモデルはHIIDE™ Series 4となるようですが、随分以前に手に入れた写真にも携行型の生体認証システムを使っている米兵の写真がありました。


U.S. Marine Corps photo by Cpl. Seth Maggard
それがこちらの写真。イラク西部の都市Rawahのとある村で、地元漁師に生体認証スキャンを行っています。
写真を見る限りでは、どことなしに少し古い造りのようにみえます。そう、ちょうど数年前の携帯電話風な感じです。
Posted by ahahamaster at 21:05│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。