2010年05月22日

2010 Golden Week

慌しく(遊びで・・・)も過ぎ去った今年の黄金週間。連休後半は、観光気分を愉しみながらも文化的な体験で過ごしていました。
ミリブロなのに、今回分の投稿はミリネタ一切無しです。スイマセン・・・^^;


というわけで、この日訪れたのは、京都の和菓子屋さんの「よし廣」さん。京菓子の体験講習が受けられるとあって訪れました。


こちらが講習時に渡された和菓子のセット。向かって左側の列にある2個の和菓子は完成状態で、右側の列がその”パーツ”です。
今回参加した体験講習は1から和菓子を作るのではなく、材料が揃っている前提で、季節感や京都の情趣溢れる和菓子へと変わる様子を体験するコース。

上辺だけでの体験をする分には、ハッキリ言ってそれ程難しいコースではありませんが、職人さんの熟練の技や、作品1つ1つに込められた文化的な表現までも習得するには、それはもう一朝一夕で出来るものではない事がよく分かります。


ものの1時間そこそこで実技講習は終了し、その場で記念撮影。そして撮影された写真が貼られた修了証書が手渡されます。
何か効力がある証書では、もちろん無いですが、こうした演出が嬉しいですね~。中年オヤジがモザイク越しでも見て取れる程に満面の笑み。


自身の体験講座が終了すると、教壇で指導に当たって頂いていた講師の方が、職人技を披露してくれました。
オレンジ色が鮮やかな餡(あん)と白餡を上手に色の組み合わせを使い分けて出来上がったのがこちらの「みかん」の和菓子。
パッと見る限り、どっからどうみても「みかん」です。素晴らしい!!
作る工程を見ていると、職人さんは、いとも簡単に作り上げていくのですが、中々そういうわけにもいかなさそうです。さすが!


この手の体験講習には試食がつきもの。
自分で作った和菓子を食べ、更に見本として配られたこちらの生菓子も頂きました。


もちろん、抹茶まで用意され、至れりつくせり~。
抹茶と京生菓子の苦味と甘味の絶妙なハーモニ~~。しあわせです^^

生菓子の制作を経験させてもらい、おいしい和菓子を頂き、1,800円の参加料なら満足です。
京都で手作り体験・京菓子体験(和菓子体験教室):京都・京菓子司 総本家 よし廣


そしてこの日これだけでは終わらせません。せっかく京都まで足を運んだので、次に向かったのは上賀茂神社。

今までに何度か近くまで来たことがあったものの、中に入ったのはこの日が初めてです。


特に何かこれといった大きな観光名所では無いかもしれませんが、天気のよいこんな日は、のんびーりと緑溢れる神社の中を散歩するだけで気分リフレッシュされました。


上賀茂神社の中には小さな川が流れていて、そのせせらぎと、豊かな緑の風景を求めて小さな子供連れの親子が多く集まっています。


上賀茂神社の境内に力強く根が張った大きな古木。ガッシリと大地を鷲掴んだ様にも見えるこの根と、歴史を感じる建造物とのコントラストが実に印象的です。


・・・そして2日目、京の都を後にして次に向かったのは奈良の都。といっても奈良中心部ではなく、山間部に位置する川上村へと向かいました。

川上村で目指すは「匠の聚(たくみのむら)」。
アートの生誕地 「匠の聚」


ガラス工芸細工や陶器の体験講習があるとの事でやってきました。


山の中にポツンと現れたこの「匠の聚」。敷地の中心に近代的な建物があり、その周辺には、いかにもアートなオブジェ達が幾つも並べられていて、眺めるだけでも十分に愉しめました。


こちらは草原を海原や川面(かわも)と見立て、サカナと対比させているのでしょうか。中々にユーモラスなオブジェです。


川上村周辺を後にし、御所市方面経由で大阪市内へ帰路につく際に休憩がてらに訪れたとある公園。
山の中にあるこの公園では、奈良方面を一望する展望台が用意されていたので、登ってみることに。
その道中、階段付近に幾つもの小さな緑色の箱型の物体が転がっている事に気付きました。
それがこちらの写真。何だか分かりますか?
これ、オトシブミという昆虫の仕業です。オトシブミの幼虫は、コブシ、イタドリ、クロモジ、ハンノキといった特定の樹木の若葉をエサとし、成虫はその若葉で揺籃(ゆりかご)を造り、中に1つ卵を産み付けています。
卵が孵化すると幼虫は食べ物に囲まれた状態で発育する事ができるといった仕掛けなのですが、実に良くできた形です。とても昆虫が作ったとは思えないくらいのテーラーっぷりで驚かされます。
昆虫好きな私ですが、お恥ずかしい事に実はオトシブミの実物を見たのはこれが初めて。噂に聞いたオトシブミを見て取ることができ、興奮覚めやらぬ様子で、帰路の車中は一方的な私のオトシブミ談義で花が咲きました(?)笑。
Posted by ahahamaster at 16:53│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。