2010年06月02日

Backlash Improvement


東京マルイ次世代電動ガンで以前から気になっていたストックのガタ付きを解消すべく、対策を講じてみました。
と言っても、そこはカスタムが大の苦手なワタクシ、いつものように友人に作業をやって頂きました。いつもスイマセン、有難うございます。


写真は今回の作業で必要となる道具類一式となります。
ストックがガタ付く根本的な原因として、以前にストックの取り付けに当たって、噛み合わせが正常でないままの状態でムリヤリねじ込んでしまった事が一番の原因と考えられます。
私の場合、ガタ付く方向としては上下にグラグラとなっていたので、今回の対策内容としては、ストック基部の上方向からタップを仕込み、イモネジでで締め付けを強化させるといったものがメインとなります。また、ストックパイプ自身にもシールテープを巻き付けるといった対策も講じておく事が作業内容となります。


まずは先の尖った工具により穴を空けるところを窪ませた後にドリルで直径2.5mmの穴をあけます。


その後ネジ穴を切り込む為にハンドタップでゴリゴリと。


次世代電動ガンの配線はちょっと面倒ですが、配線用の溝に埋めながら、リングの取り付け準備をします。


ストックパイプのネジ溝にシールテープをグルグルと巻き付けます。


今回の「手術」によって出来た穴ですが、意外と目立ちません。


そしてこの穴に3mm×3mmのイモネジを埋め込みます。当初は3mm×6mmのイモネジを購入していましたが、穴をあけた厚み分に対して6mmは無いだろうという事で3mmの長さのイモネジへと変更しています。

そして晴れて完成。東京マルイ製次世代電動ガン SOPMOD M4 は個人的には見た目も好きですし、何よりも良く飛び、良く当たり、文句の付け所が無い程に完成度の高い電動ガンですが、唯一不満点といえばこのストックのグラ付きでした。

デフォルトでもストックのグラ付きが指摘されている事があった上に、後発要因によって更に状況が悪化してしまったので、今回の対策は本当に助かりました。

そして今回の対策をした後に、実際に構えてみたり揺すってみたりしたところ特に不快感を感じるようなグラ付きが無くなっていたので、非常に満足です。


ということで、早速翌日にはゲームへ持ち込みする事に。
前日に構えた時の感触通り、全くと言ってもよいくらいにストックに対する不安を感じる事がありませんでした。
これで今まで以上に次世代電動ガンSOPMOD M4の出番が増えそうです。


この日のマイ次世代SOPMOD M4には、今までWE HK416に取り付けていたElcan スペクターDRやITI M3Xを移植。
こうして手持ちのアクセサリー類を取り替えて着せ替えをすることも大きな楽しみの1つです。

それにしても我ながら実にテキトーな塗装具合です。Knightsのレールカバーによって見えなかったのですが、レールカバーの下には大きな黒い塗り残しが。この黒い地肌になった部分にERGOのLow-Profileレールカバーを取り付けてみたところ、このレールカバーのDark Earthとレール地肌によるBKのツートンが中々カッチョ良い雰囲気となりました。

このERGOのLow-Profileレールカバーは細切れになった状態で、半ばジャンク扱いでファーストさんで安く売られていたのをゲット。ファーストさん店内ではなく、隣接するインドアフィールドW-Tap内にありますロッカールームに、実物パーツのジャンクコーナーがあるので、そこをチェックすると面白いです。意外な掘り出し物が格安で手に入るかもしれません。


2008年暮れにイラクのBayjiで実施された協同作戦の模様。多国籍軍の兵士が不審な家屋の周辺を調査しているところ。
こちらのヘータイさんの持つM4カービンのレール部分に注目すると、ERGO Low-Proレールカバーを装着している様子がわかります。


次にこちらの写真。どういった背景での写真かは不明ですが、見るところ根拠はないのですが、何となくホンモノの兵士の写真に見えないように思います。もしかするとゲーマー?(間違えていたらスイマセン)
赤枠内にもお分かり頂けるようにERGO Low-Proレールカバーの取り付けが確認できます。

この写真で個人的に注目したのは、この赤枠の左横にあるカメラ。これ軍用規格のマウント対応カメラで、米軍兵の写真を見ていてもよく見掛けるやつです。私もコレと同じものを随分以前に購入しましたが、いまだにまともに使った事がありません。
せっかくなので、タクトレ(ゴッコ)の時にでも活用してみたいと思います。


この日持ち込んだ装備は実に久々投入のEAGLE CIRAS Maritime RG。基本的なポーチ類のレイアウトは以前から殆ど変更はありません。どうやら今のところ自分にはこの配置が一番使い易いようなので、しばらくはこのままの配置で使っていこうと思います。

今回このCIRASに取り付けているアイテムの中で、赤枠で囲ったものについては実際に使用されている写真があったので、そちらを併せてご紹介してみようと思います。


まずはこちら、米陸軍レンジャー大尉の首元に注目をすると、Princeton TecのQuad Tacticalが掛かっているのが分かります。特徴的なACU柄のヘッドバンドや、ライトモジュールの形状などがまさにQuadTacticalのそれといったところです。


次にこちら米空軍PJの写真からは、Sharpieのマーカー。米軍各軍のフォトギャラリーをくまなく見て回ると、胸元や肩付近にペンを差し込んでいる様子がよくあるのですが、結構な割合でシャーピーのペンを使っているのが確認できます。


Photo by Senior Airman Chris Hubenthal
こちらも同じくPJの写真。プレキャリの空いたコマ部分に隙間埋めとしてサイリュウムやシャーピーのペンを挿すだけで何となくソレっぽい雰囲気になるので便利なコスプレアイテムとして重宝します。


U.S. Air Force photo by Master Sgt. Shane A. Cuomo
毎年恒例ともなった「ガーディアン・エンジェル」からの写真。2009年度の開催では、市街地での活動に特化した
シナリオ訓練として「パトリオット・アークエンジェル」が行われました。

こちらの写真の赤枠部分を見てみると、パラクレイトのピストルマガジンポーチが取り付けられているのがわかります。シンプルな形状ですが、中々に使い易く、私もよく活用しています。


再び私のCIRASの取り付け状態へと戻りますと、左脇腹付近にはOntario Knifeのシートベルトカッターを取り付けています。正式な商品名としては「Ontario Rescue Hook/Multi Tool Deluxe PET™ #1 Foliage Green with Sheath」となようです。ながっ!


こちらのヘータイさんもOntario Knifeのシートベルトカッターらしきものを取り付けています。こうして自分が所有するものと同じものをたまたま偶然に発見すると嬉しいもんですね。写真チェックがやめられなくなります。


シースから取り出し、中身はというとこんな感じです。単なるコスプレアイテムというか、コレクターアイテムと化した状態で、一度も使った事ありません。

今回の投稿記事タイトルと随分掛け離れた状況となってしまいました。
実は今回の投稿に当たっては、一旦ほぼ書き終えた時に、ブラウザ上で別のタブを開けてロシアのサイトにアクセスしている際にフリーズ・・・。ロシアのサイトの表示がループしていた事が原因っぽく、ブログ記事の下書きしていなかったので、最初からやり直しとなってしまいました。

いやー、こんなミスをしたのは久しぶり。ここしばらくはそういう事も無かったのですっかり気が緩んでしまっていました。

気を取り直して、他にも何枚か写真を撮ったので、またの機会に投稿してみようと思います。それでは~。
Posted by ahahamaster at 18:08│Comments(6)
この記事へのコメント
Airsoft Commonの次世代M4用スチールバッファーリングもおすすめですよ。
やはり力のかかる部分が亜鉛だと不安ですしね。
Posted by John Doe at 2010年06月02日 19:17
John Doeさん、こんにちは。
コメント有難うございます。

おぉー、これは知りませんでした。早速調べてみました。良い情報を有難うございます。

値段も実売2,000円台で買えるみたいなので、いいですね。
早速見に行ってみます!
Posted by Lumino at 2010年06月02日 19:42
はじめまして
いつも装備等センス良くまとめているな~と、感心しながら拝見させて頂いてます。
次世代M4のストックのガタツキ解消法で私が行っているのは、キッチン用のステンレスシールをネジ山部分に1巻きです。
これが、なかなかの物でなめたねじ山を修復!!
私のM4なんか、ガッタガタだったのが
カッチリ!!カッチカチ!!!
アルミテープは、全然駄目です。
注意点は、シールの合わせ目部分は、配線の溝に旨く合わせる。
是非試してください。
Posted by 親G at 2010年06月05日 17:52
親Gさん、はじめまして、こんにちは。
コメント有難うございます。

なるほど~ですね、これまた良い情報をありがとうございます。ナメてしまったネジ山は中々に厄介です。
参考にし、試してみようと思います。
Posted by Lumino at 2010年06月07日 11:22
>もしかするとゲーマー?
これはたぶん海軍か海兵隊の写真だと思います。
ライフプリザーバー(いわゆるライフジャケット)やレギュレーター(水中で呼吸する道具)をつけていますので。
Posted by AT21 at 2010年06月23日 07:31
AT21さん、初めましてこんにちは。
コメント有難うございます。

なるほど、そうですね。確かに海軍?海兵隊?の隊員っぽくみえます。

海外のゲーマーなんかで本格的な装備収集をしている方達の写真を見ていると、顔立ちも相まって見分けが付かない事もしばしば・・・^^;

アドバイスを頂き、有難うございます。また宜しくお願いします。
Posted by Lumino at 2010年06月23日 11:04
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。