2007年11月28日

Southwest Motorsports Gloves

とっても冷え性な私にとって、この季節手袋は欠かせません。
どーせ手袋買うならやっぱ!ミリタリーモノでしょ!という事で選んだのが、「Southwest Motorsports」のグローブ。


↑こちらがその「Southwest Motorsports Enterprises, Inc.」のCombat Gloves Short。
カラーはGreenとなっています。写真では分かり難いですが、ODをくすませた様な色合いになっているのがイイ感じです。何よりも個人的には、Black / ODのツートンカラーがツボにハマリます^^

Southwest Motorsportsのサイトを見に行ってみると、現在はハイドレーションで有名なCamelBak Products LLCに買収されたようです。
その為、2000年より「CamelBak-SW Motorsports」という名称に社名変更となったようです。
CamelBak-SW Motorsports - www.southwestmotorsports.com
What is SW Motorsports relationship with CamelBak?


Photo Cortesy of U.S.Army

↑このショートタイプのSouthwest Motorsports Glovesは軍仕様となっているとの事で、米陸軍の写真でもいくつか確認できます。


Photo Cortesy of U.S.Army

↑こちらもU.S.Armyのサイトからとなる写真です。
小さい画像なので、見難いですがこちらもSouthwest Motorsportsのグローブを着用しているようです。この写真だけではショートタイプなのか、手首まで覆う事のできるロングタイプ「MAX GRIP NT GLOVE」なのかは分かりません・・・。
Southwest Motorsports MAX GRIP NT GLOVE Sage
CamelBak-SW Motorsports Picture List


↑このグローブを本気で欲しくなったキッカケは、いつもよく見に行く「Military Morons」で掲載されていた写真でした。
Southwest Motorsports Enterprises, Inc. - Military Morons

グローブ単体での紹介だけでなく、同サイト上で、銃器を始めとした他のアイテムを紹介している際にモデルの方が装着しているこのグローブが妙にカッチョ良かったのです!
●http://www.militarymorons.com/gear/img/stealth10.jpg
(USERNAME and PASSWORD are both "mm")

ホント、ここのサイトはイケてますね~。


↑グローブ内部に貼り付けられたタグには「FOR MILITARY USE ONLY」の文字があり、マニア心を刺激してくれます。

Cloth:96% KEVLAR®
4% P140 Conductive Anti-Static Fiber
Leather:Mil-DTL - 81188C
Finger Lining:100% NOMEX®
100% KEVLAR Thread:Mil-A-A-55195
Cuff:Cloth Lining
Elastic Wristband, Hook&Loop


↑比較的分厚い生地と丈夫な革でできているので、暖かいです。
今回の購入先は東京キャロルさん。価格は4,900円。
このSouthwest Motorsportsのグローブは国内での流通量は比較的少ないようで、東京キャロルさんか、Captain Tom'sさんくらいしかショップさんでの定期的な取り扱いを見た事がありませんでした。
東京キャロル
Captain Tom's


↑選んだサイズはMサイズ。厳密に言うと、選んだというよりも、Mサイズしか在庫が無かったのです・・・w。アメリカ製の割りに、意外と小さい造りなので、日本サイズのMサイズと同等レベルという感じでした。その為、手の小さな私でも大丈夫でした。

実はこのショートタイプともう1つSouthwest Motorsportsの民生用の「MAX GRIP NT GLOVE」もゲットしたので、こちらはまた改めてアップしてみたいと思います。
このグローブ、造りがシッカリしているので、一度使うと中々ハマリますよ~。
Posted by ahahamaster at 19:55│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。