2007年12月10日

EBERLESTOCK GUNSLINGER PACK

今回は、以前ご紹介した事のある「EBERLESTOCK」の「GUNSLINGER PACK」を掲載してみたいと思います。
●関連記事:EBERLESTOCK H.P.G

EBERLESTOCK GUNSLINGER PACKは、この夏のフィールドで見掛けたのが最初でした。
しかもその方が持っていたのはコヨーテブラウン/ブラックのツートンカラーとなった限定カラーモデル。
その方にお聴きしたところ、AGGRESSOR GROUPさんで取り扱いがあるとの事だったので、当時早速AGGRESSORさんのサイトを見に行きましたが、残念ながら「売り切れ中」・・・。
しばらくしてから再度見に行ったところ、「入荷中」に切り替わっていたので早速購入しました~^^
EBERLESTOCK H.P.G GUNSLINGERPACK - AGGRESSOR GROUP

以下AGGRESSOR GROUPさんのサイトに掲載されていた「EBERLESTOCK GUNSLINGER PACK」の解説文章です。

オリンピック競技 バイスロンのライフルストックや装備品を開発するEBERLESTOCK社が第5スペシャルフォースグループや各州のSWAT スカウトスナイパーチーム等に供給した、ライフルを収納・搬送可能なバックパック ガンスリンガーパックです。

2丁の銃を携帯・使用する時もしくはラペリング等の両手を必要とする時に即座に持ち替え、銃を収納し運搬出来ます。

下部の突出した銃口収納部分は中に折り込んでよりコンパクトなバックパックとして使用可能です。
上部にはFASTEXにより長尺の銃を収納時にカバーするパーツも付属します。
必要に応じてウェストパッドは取り外して使用可能です。

ウェストパッドにはMOLLE/PALS互換のウェビングが縫い付けて有りますのでMOLLE/PALS互換ポーチ等を装着・使用可能となります。ショルダーストラップは数段階 上下の調節を行う事が出来ます。

パックの表面にもMOLLE/PALS互換ウェビングが縫い付けて有りますので、KIFARUやEAGLE社製のバックパックと同様にMOLLE/PALS互換ポーチを装着して使用出来ます。
CAMELBAK等のハイドレーションを内部に収納して使用出来ます。
3点圧縮機構によりメインコンパートメントを適切に圧縮しコンパクトに最大収納量を搬送可能です。

材質:コデュラナイロン 1000デニア
メインコンパートメント
容量:47.5リットル/2900Ci
重量:1860g
横幅:32cm : 高さ:55cm :厚:12cm (最小・梱包時)


↑その後のゲームで何度か使っているのですが、これがまたイイ!!
見た目がイケてる!とツボにハマったのと、何よりもその収容力が素晴らしいです。

背中に突き刺さっているのはセミオート式スナイパーライフルの「SR-25」です。もちろん、電動式のオモチャのテッポーですが・・・^^;
SR-25 - Wikipedia
120cm近いフルサイズのスナイパーライフルを軽々と収容するスペースを確保しつつ、更にメインパック部分も十分に用意されているので、ゲームグッズの多くを1つに収めることができます。


↑背中にライフルを背負う事が無い時には、お尻にある「シッポ」を折り畳み、通常のパックパックとしても活用できます。ちょっと大き目のバックパックになりますが・・・^^;


↑いざ「ゲームに行くぞー!」となると、なんだかんだと手荷物がいっぱい。
ずーっとそれが頭の痛い悩みでした。これだと沢山の荷物を背負い、両手がフリーになるので、更にキットバッグに装備類一式を詰め込めば殆どのゲームアイテムを収容する事ができますね!


↑パックの表面や、ウェストパッドにもMOLLE/PALS互換のウェビングが縫い付けられているので、「これでもか~!」と言わんばかりに拡張する事もできます。
ただ、これ以上沢山の荷物を中に詰めてしまうと、重みで後ろにひっくり返ってしまう危険性が大です・・・^^;


↑シッポの分を考慮しておかなければ、シッティングでの射撃時に銃口を地面に突き刺してしまう事になってしまいます・・・。
当初、私はストックを下向きにして収納していたのですが、本来はこのようにストックを上に、銃口を下向きにするのが基本だそうです。


↑背中と面する裏側は、このようになっており、沢山の分厚いクッションが適度に敷き詰められていて、重たいパックのストレスを軽減させてくれます。
また、クッション材の表面には肌触りも素敵なメッシュ生地で覆われているので、夏の暑い時などでも蒸れ防止に役立ってくれそうです。
実際、この前のゲームでは2時間くらいずっと背負ったままでしたが、体力の無い私でも全く疲れることがありませんでした^^v


↑このEBERLESTOCK GUNSLINGER PACK、カラーバリエーションは写真のCB/BK以外に、OD、Coyote Brown、ACUの全4カラーがラインナップされています。
EBERLESTOCK H.P.G GUNSLINGERPACK - AGGRESSOR GROUP


↑仮組み上げ状態のDaniel Defenseレールを装備したBushmaster M4を手にし、ご機嫌です^^
山岳地帯でのロープロファイル作戦をイメージ(笑)したコーディネートのつもりです・・・^^;
写真では見え難いのですが、Blackwater GearのI-O ロープロファイル・チェストリグのMulticamを装着しています。
BWG 2313 I-O ロープロファイル - Phantom


↑この季節、山野でのゲームはとにかく寒さ対策が大変!
という事で、ベースボールキャップからワッチキャップに変更し、更にフリース生地で造られたバラクラバを首に巻いています。

写真にあるODのワッチキャップはBlackHawk!製のHellstormのもの。バラクラバはHatch製のFB2000 ODというフリースバラクラバ。

BHIのフリースワッチキャップはロゴが「Hellstorm」になっていますが、聞くところによると最新ロットからはロゴが「BlackHawk!」となっているそうです。旧バージョンとなった今は、このフリースワッチキャップは、ある意味レアなのかもしれませんね^^;

また、随分以前にファーストさんで購入したフリース素材でできたこのバラクラバは、ファーストさんのサイトに掲載されている商品説明によると、世界年間500枚限定商品だそうです。

BlackHawk! Fleece Watch Cap - Parabellum
Hatch FB2000 Fleece Balaclava - FIRST
Posted by ahahamaster at 19:48│Comments(2)
この記事へのコメント
『ガンスリンガーパック』、ヤッパリいいですね~。

私は、フィールドまで車で移動することが殆どなので、M4シグマバックに何でもかんでも突っ込んで出かけますが、仲間の車でフィールドに向かう場合はナカナカそうもいきません。
必要なものだけを厳選して、バックパックに詰め込み、仲間の車に乗っけてフィールドへ・・・、
・・・うってつけのバッグですね。

・・・物欲が、沸々と再燃してきました。
Posted by 銀狼 at 2007年12月10日 22:46
銀狼さん、こんばんは~^^
コメント有難うございます。

シグマパックですか~。イイですね~、羨ましいです。
私も大きなバッグが欲しくて、キットバッグを探しているところなのですが、中々欲しいものが見つからずにいました。

CSMのマルチカムのキットバッグを探していたのですが、この前、東京キャロルさんに行ってきた際に、格安のODのキットバッグを見つけたので、それを衝動買いしちゃいました~^^;

物欲・・・、こればかりは他人(ヒト)の持っているものを見て感動してしまうと、ついつい頭の中がそればかりになってしまうのが、この趣味の良く無いところですね・・・。
際限無く物欲が走ってしまいます^^;
Posted by Lumino at 2007年12月11日 01:17
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。