2007年12月17日

Chris Reeve Knife&M95 Gas Mask

先日撮影した写真の中でお気に入りの1枚があったのでご紹介してみたいと思います。


↑SR-16 M4電動ガンと、M95ガスマスクにChris Reeve(クリス・リーブ)ナイフのPacific、韓国TH製PVS-14(レプリカ)、Kimber.45 ガスガン・・・。

M95ガスマスクは、国内のサープラスでも一般的によく見かける官給品M40 Gas Maskと違って、特殊部隊向けモデルなんだとか。
Safety Tech M95 Respirator Small - Diamondback Tactical
Scott M95 NBC Gas Mask - www.botachtactical.com

ガスマスクなんて、全く興味ありませんでしたが、このM95を見てからはガスマスクの魅力にハマってきました・・・。
払い下げガスマスク販売 - 南国百貨店
M40 CHEMICAL BIOLOGICAL MASK - SPECIAL WARFARE NET
米軍 M40 ガスマスク - ガレージオガワドットコム

そして写真内にあるもう1つの主役がChris Reeve KnivesのPacific(パシフィック)というナイフ。
Chris Reeve Knives
CHRIS REEVE PACIFIC - Knife Shop Sheffield

ナイフについては全くの無知なので、早速ググってみました。
1984年よりナイフ製造を手掛ける米国Chris Reeve社は、丈夫さを追求した本格派のサバイバルナイフを世に送り出し続けており、同社のPacificというモデルは、今年2007年に開催されたブレードショーの「American made Knife of The Year」を受賞。

1st Special Force Group の50周年記念ナイフにおける民生用バージョンとしてクリスリーブとビル・ハーシーのコラボレーション・モデルとの事です。
このChris Reeveのナイフを初めて見た(と言っても、最近ですが・・・^^;)のは、「GREEN BERET」というモデルでした。
CHRIS REEVE GREEN BERET - Knife Shop Sheffield

このグリーンベレーというモデル、名前にある「GREEN BERET」のとおり、特殊部隊隊員資格を得る為の「SPECIAL FORCES QUALIFICATION COURSE」を見事パスした者へ贈るナイフなんだとか。
そんな名誉と引き換えに贈られる「CHRIS REEVE GREEN BERET」。全てにシリアルナンバーを振っているのかなぐらいに思っていましたが、シビリアンモデルというのも存在しているそうです。
クリスリーブ サイン入り限定版グリーンベレーナイフ - Belisimo.com
↑この「クリスリーブ サイン入り限定版グリーンベレーナイフ」、クリス・リーブ氏とハーシー氏による直筆入りブレードで、限定30本との事ですが、めっちゃカッコイイやないですか~!

1本も本格的なタクティカルナイフを持っていないので、1本位いいナイフを持ってみようかなと考え中です。

でも、お恥ずかしいのですが、いまだに「Pacific」と「GREEN BERET」の見分けが付かない・・・です^^;
目利きが少しくらいはできるようになってからにします・・・ORZ
Posted by ahahamaster at 22:22│Comments(2)
この記事へのコメント
いつみても、写真が綺麗で、羨ましい限りです。

クリスリーブのパシフィック、いいナイフですね。
エッヂの鋭さといい、セレーションの新しいスタイルといい、シースの使いやすさといい、私も大好きなナイフです。

ここまで綺麗な写真で観ると、物欲が沸々と湧いてきてしまいますネ・・・。
Posted by 銀狼 at 2007年12月18日 22:55
銀狼さん、こんにちは~^^
コメント有難うございます。

今回の写真は今まで撮った写真の中でも、自分自身かなりお気に入りの1枚です。(もっとも素材に恵まれたというのが一番ですが・・・)

Chris Reeveのナイフ、カッチョイイっすよね~~。惚れ惚れしてしまいます。
Posted by Lumino at 2007年12月19日 16:01
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。