2007年12月27日

TOP JGSDF Type89 Gas Blowback

数年前、初めて電動ガンを見て、体験した時に感動を覚えたのを最近の事のように覚えています。
フルオートで水面を射撃した時に跳ね上がる水飛沫・・・映画のワンシーンに居る様な錯覚に陥りました。

それから数年後、今ではブローバックのギミックまで再現された電動ガンすら登場しているんですから、驚きです。

久々にネット上を散策していたところ、MinimiやM60の電動ガンでお馴染みのTOPさんから、マルイ89式電動ガンに換装するブローバックキットが新春発売予定との更新記事が掲載されていました。
TOPオリジナル 89式小銃ブローバック変換キット 2008年1月発売予定 予価20,790円(税込) - Target Original Planning

電動ユニットパーツをブローバックエンジンキットと交換するだけでブローバックガンに変身との事で、迫力の射撃が味わえそうです。
パワーソースは、銃本体内蔵タンクのリキッドチャージ式と外部ホース式の2つから選べるとの事なので、冬の寒い時期に課題となった作動不良もホース式を選択する事でクリアできそうです。
リアル派ゲーマーにとってはホース隠しをする必要がありそうですね^^;


↑実際にゲームに行ってみると、結構89式ゲーマーって多いですよね。
もちろん、陸自迷彩と89式の組み合わせが一般的なのですが、全身陸自迷彩でキメるとカッチョイイ!

この写真のゲーマーさんはかなり本格的な陸自装備に89式という組み合わせがイケてますね~^^
お話をしたところ、陸自迷彩の装備類はインファントリーレジメントさんと、AGGRESSORさんで揃えたそうです。
自衛隊装備 INFANTRY REGIMENT 歩兵連隊 - www.infantry.co.jp

この写真だと少し分かり辛いですが、89式小銃のバイポッド付近にある陸自迷彩の「HSGI DROP HOLSTER」が個人的には興味惹かれるところです。何せ、AGGRESSORさんのサイトで画像を見た事がある程度で、実物を見たのが初めてでしたから。
HSGI DROP HOLSTER JGSDF - AGGRESSOR GROUP


↑マルイさんが陸上自衛隊の89式小銃を電動ガンにモデルアップした時、それほどは興味の無い銃でしたが、実際に触ってみると、実物の89式こそ触った事が無いものの、剛性感や質感がオモチャ離れしているなーと印象を受けました。


↑日本の植生だと自衛隊迷彩もCrye PrecisionのMulticamカモフラージュ並、環境によってはそれ以上のBLEND IN!が期待できそうですね。


↑使い込んだ感が溢れる(笑)マガジンがエエ味を出しています。
キズも無い綺麗な銃もそれなりにイイのですが、私はこういう使い込んだ感のあるキズだらけの方が好きです。




↑トリガーハッピー製のM240G電動ガンと陸自迷彩の組み合わせ。こういう組み合わせが実際にあるのかどうかは分かりませんが、中々似合ってます。


↑89式とM249 Minimi。うひゃー、こりゃーカッコイイ!
Posted by ahahamaster at 15:48│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。