2008年01月16日

Extreme Duralumin AEG Piston

新たに投入したマルイ製M4ベースの電動ガン、少しばかり改良したい点があったので、現在入院中です。
関連記事:My New 14.5" M4 SOPMOD Vol.4

この際に、せっかくなので内部も若干チューンしようかと考えたくなるような面白いアイテムをGATE-1さんのサイトで発見し、早速実物を拝見させて頂きました。


↑それがコチラの写真にありますメタリックレッドなピストン。
超超ジュラルミンの7075という素材を、贅沢にも削り出して造り上げたというピストンだそうです。
GATE-1 EXTREME DURALUMIN PISTON for MARUI AEG Ver2/3/6 - GATE1

以下、GATE-1さんのサイトより商品説明文の転載です。
GATE-1 EXTREME DURALUMIN PISTON for MARUI AEG Ver2/3/6
これまでほぼ存在しなかった金属削り出しピストンをご用意しました。
材質は超超ジュラルミンの7075。軽量で高強度のアルミ合金です。これをCNCで削り出しで高精度に仕上げました。側面のガイドもフリクションロスを低減させるために部分的にオミットしてあります。
断面も円筒形ではなく八角形とし、ギアボックス内のピストンスペースへの接触箇所を限りなく少なくしてあります。
樹脂製ピストンに迫る軽量化を実現するため、強度を維持できる範囲で可能な限り肉抜きを施し、金属製ピストンの常識を越える全重量20gを達成。ピストンのギアはオールスティールの別パーツで挿入方式による取り付けです。
樹脂製と異なり7075の本体全体でこのギアを支えるのでギアが折れる心配もありません。ハイスピード系カスタマイズにおいてセクターギアカットを行う方には、ピストンギアのフルメタルがどれほど重要かお分かりいただけると思います。全重量はこのスティールギアも含んだ重さですから、どれほど軽量なピストンであるかは想像に難くないでしょう。
内部パーツにこだわる方にぜひ一度使っていただきたい製品です。マルイ電動ガンVer2/3/6対応。

メカにカラッキシ弱い私なので、どれほどスゴイ事なのかは正直よく分かっていませんが、まるで「赤い彗星シャア」のようなカラーが印象的ですねー。


↑ピストンの軽量化を図る為という事で、これでもか!と言わんばかりに肉抜きされた形状。
軽量化によって強度が落ち過ぎない為に使った素材「ジュラルミンの7075」とはどんなだろう?という事で早速いつもの如くググってみました。

「ジュラルミンの7075」とは、零式艦上戦闘機の機体構造用に開発された合金の一種で、アルミニウムと亜鉛とマグネシウムによるアルミニウム合金だそうです。
JIS規格ではAl7075と呼ばれるこの素材は単なる「ジュラルミン」との区別で「超々ジュラルミン」と、物々しい冠が付いています^^;
超々ジュラルミン - jp Wikipedia
ジュラルミン - jp Wikipedia


↑ピストンに付いているギア部分は、オールスティールの別パーツを挿入して取り付けているとの事です。
GATE-1さんのオリジナルとなるカスタムパーツのようですが、このピストンを装着させるとどんな風になるのでしょうね。興味津々です。
GATE-1 EXTREME DURALUMIN PISTON for MARUI AEG Ver2/3/6 - GATE1
Posted by ahahamaster at 22:25│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。