2010年10月28日

Tactical-Performance Pouch

カメラやビデオ、ケータイ電話といった電子機器の進化は目覚しいですね。新機種の登場の度にその進化に驚かされます。
学生時代にデジタルカメラなんてものは無く、記念撮影といえば専ら「写るんです」に代表される「使い捨てカメラ」、「インスタントカメラ」が主流でした。もちろん、ケータイ電話なんてポケットに入るかどうかビミョーなくらいに大きな図体をしていて、カメラ機能なんてものは想像も出来ませんでした。もっともケータイ電話が本格的に登場したのは同じ学生時代でも後半に差し掛かってからでしたが。


映像をデータとして取り込める技術が確立されてからまだ100年程の歴史だと言われていますが、今の時代は小さな子供の居る家庭ともなると結構な確率でデジタルムービーを持っています。

こちらのビデオカメラはSONYのHDR-XR520というモデルで発売直後に購入しました。240GBの大容量HDDのお陰で購入から結構経ち、多くの映像を撮影してきましたが、いまだに一度も削除したことがなく、まだまだ容量に余裕があります。
SONY HDR-XR520


大手量販店のデジタルムービーコーナーでデモ機が展示されていて、手にとって映した映像を見たときに、あまりのその美麗な映像に衝撃を受けました。少しくらい離れていても、人の顔であれば毛穴まで見えてしまうくらいの高画質。フルハイビジョンでの映像、恐るべしです。

また、タッチパネル式で操作も簡単になっていて、撮影場所を地図で確認できる世界初のGPS機能搭載や、海外に出かけても現地時刻に自動補正されたりと、これぞ日本製の(必要か?と思える機能も含めて・・・)便利機能満載です。
色々な機能が満載のHDR-XR520ですが、個人的に一番のお気に入りはズーム機能で、光学12倍、デジタルズームに至っては150倍と充実しているので、望遠レンズとしても活用しています。


そんなお気に入りのHDR-XR520ですが、精密機器ゆえに持ち運びの際にはぶつけたりしないように気を使っています。何か良さそうなケースは無いかな、と思って電化製品の量販店の中にあるコーナー一帯を探していたのですが、どれもシックリしたものがありません。

そんな時に何気なく訪れたファントム大阪店さんで、たまたま手に取ったのがこちらの写真にあるTactical-Performance製のナルゲン・ポーチでした。どうやら形といい、大きさといい、ピッタリときそうです。
Tactical-Performance Nalgen Pouch / Large - Phantom
Tactical-Performance Nalgen Pouch / Large


実際に入れてみると、ビンゴ!ちょうどイイ大きさです。大型のフラップも少しくらいの雨よけにはなりそうです。


元々このTactical-Performance製のナルゲン・ポーチでは、1,000デニアのファブリックの中に薄いウレタン?のような緩衝材が入っているのですが、念の為、底部には ふわふわ のスポンジをタップリと詰め込み、更なる衝撃対策としました。
Dリングやウェビングによってタクティカルなバックパックにも合体させる事ができるので、使い勝手は良さそうです。


さてさて、肝心のHDR-XR520で撮影した映像データには中々に苦戦しました。PC上での再生をさせるには専用の環境が必要となるようで、一般的な映像形式とするにはエンコードする必要があります。HDR-XR520から各撮影データを取り出すと、見慣れない形式の「MTS」というファイルで出てきます。
このMTSファイルをエンコードするソフトがあまり見当たらなかったのですが、無料のソフトを探すのも面倒になり、最終的に使っているのが、「4Videosoft MTS Converter」というソフト。これなら一発で簡単に変換できました。
映像の編集はデジタル一眼で撮影した写真画像のデータを編集するのと違って、面倒くささが何倍も上ですねー。細かい事は一切ヤル気がしません・・・
Posted by ahahamaster at 10:58│Comments(2)
この記事へのコメント
MTSファイルはCoreAVCを入れると見ることができますよ~
あと編集はloiloScopeってのも操作が簡単すぎておすすめです。
細かい操作がアナログ手法的なのが玉に瑕ですがw
Posted by 2mouse at 2010年10月28日 15:59
2mouseさん、こんばんは。
コメント有難うございます。

さすがですね~、お詳しい!有難うございます。参考にさせて頂きます。

動画の編集はメンドクサイですね。でも後で見てみると写真よりも面白いのも事実ですし。うーん、悩みます・・・。
Posted by Lumino at 2010年10月28日 20:29
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。