2008年01月31日

MRE Combat Ration


Photo Cortesy of U.S.Army

A U.S. Army soldier attached to the 3rd Armored Cavalry Regiment hands out ready-to-eat meals to children in Mosul, Iraq, Jan. 4, 2008.

巷で話題(?)のミリメシを食してみました。

↑ミリタリーショップさんでもよく出回っている米軍のレーション「MRE」。
「MRE」とは「Meal, Ready-to-Eat」の頭文字から由来しているとの事です。
MRE(Meal, Ready-to-Eat) - ja Wikipedia

コンバットマガジンでは毎号のように「ミリメシ」特集が組まれているので、つい気になって買ってみました。

↑ついでにMREをモチーフとしたTシャツを東京キャロルさんで購入~♪
このTシャツ、丈がかなり長いので、最初は使い難いかな?と思っていましたが、寒いこの季節、ズボンの中にスッポリ入れてしまうと、しゃがんだりした時に腰付近の肌が剥き出しにならないので肌着として重宝しています。
MREレーションTシャツ#20 - Tokyo Carol

たまたまこのTシャツの#20=ミートソーススパゲッティーとホンモノMREのメニューが一緒になりましたw


↑中を開けるとビックリ!結構色々と入っているんですね。
弁当代わりに勤務先の昼食でお披露目となったので、周りにいた女の子も興味津々。中身の充実さと、小さなタバスコの瓶など、中々オシャレなアイテムが人気となっていました。


↑FRH(フレームレス・レーション・ヒーター)と呼ばれる加熱用のヒーターを使う為に、水を注ぐところです。
しばらくすると熱くなるわけですが、その頃から悪臭が・・・。ちょうど錆びた鉄の嫌なニオイがしてきます。


↑FRH(フレームレス・レーション・ヒーター)とミートソーススパゲッティーが入ったレトルトパックをケースに入れて、全体が温まるのをしばし待っているところです。


↑数分後、ホッカホカのミートソーススパゲッティーの出来上がり^^♪
てっきり長い麺になっているのかと思いきや、さすがにその辺は食べやすさを重視したコンバットレーション、細切れになったパスタとなっていました。

気になる味はというと、これがまたウ・マ・イ!のです^^
コンビニ弁当のパスタよりも好きな味です。コンビニ弁当は食い飽きました・・・ORZ
※MREは「コレクション用」となっているので、自己責任での取り扱いとなっています。


↑同梱されていたパンのようなビスケットのような・・・、に載せて食べてみると、これまたウマイ!


↑ブルーベリーソースも入っていたので、そちらも試してみる事に。

今回のMREはミートソーススパゲッティーでしたが、この他にも沢山の種類が用意されているそうです。
MRE、平たく言えば、戦闘糧食、野戦糧食といった配給食糧のイメージが強く、乾パンや飯盒炊爨のような古いイメージがありましたが、今時の戦時下の食糧事情はスゴイっすねー。
非常食 試食レポート 米軍戦闘糧食MRE - 市民防災ラボ

レーション - ja Wikipedia
↑こちらのリンク先の「概要」の箇所に記載があるように、「平時よりもはるかにストレスの溜まりやすい戦場では、食事は重要な娯楽なので、味の改良も進められている」というのもまた頷けます。
確かに食事はエネルギー摂取以外の「娯楽」としての要素は色濃いでしょうね、特に戦時下ともなれば・・・」


以前、フィールドでレーションを頂いた事がありました。

↑こちらがその時の風景です。
アジアのどこかの国のレーションです。(どこの国だったかな・・・思い出せません。)


↑こちらも先程のMREと同じく水を入れて温めるところです。


↑暖気が逃げないよう封をしているところ。


↑この季節、寒い中で食べる暖かいメシは、この上なくアリガタイ!ですね。現場の兵隊さんにとってはきっと、食事は一番の楽しみでしょうね。




タグ :MRERation

Posted by ahahamaster at 15:11│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。