2008年02月19日

Systema REVOLUTION Gearbox

ここ最近ブログの更新がままならない状態でした。

そうこうしている間(?)に海外のトイガン関連フォーラムなどを見ていると、SYSTEMAさんから「REVOLUTION」なる新型ギアボックスが登場との事で掲載されていました。



海外のコレ系の情報サイトでも「2008年でもっともスリルなアイテム」との事で、前評判は上々の様子です。
日本では廉価で高スペック、そして何よりもカスタムパーツの種類が豊富なマルイさんの電動ガンが圧倒的に多くのユーザーを抱えているのが現状でしょうね。

とはいえ、リアル志向なユーザーで、この趣味にドップリの人たちはシステマ製のトレポンを所有する傾向が高いのも事実。電動ガン本体のスタート価格がマルイ製とかなり開きがあるので、中々手を出したくても出せないのが本音です・・・。

今回のメカボックス、「Revolution(レボリューション:革命、大改革)」と謳うだけあって、カットオフレバーやアンチ・リバース・ラッチなどIC制御された技術が施されているそうですが、どうやら既存のマルイ製互換コンバージョンキットにも対応するそうです。

基本的に内部の構造について、私自身よく分かっていないので、あれなんですが、メカボックス内にあるパテント部分をクリアした上で、メカボックスのみの供給が始まるという事になると、ユーザーにとっての選択肢が今まで以上に増えて、面白い事になるのかなと期待してしまいます。

気になるリリース時期は2008年夏頃を予定しているようで、最初はver.2に相当するものとなるようです。
Systema REVOLUTION Gearbox breaks performance boundaries! - RedWolf Airsoft
Posted by ahahamaster at 15:04│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。