2008年03月12日

M116A1 Simulator Hand Grenade

ハンドガンの出番も多くなりそうなこれからの季節。
その準備として新たにガスチャージャーを1つ追加しました。


↑右の黒い「TD MULTI-PORT Stun Grenade」は以前にスーパーガンさんで購入したもの。下に転がっている白い「M116A1 Simulator Hand Grenade」が今回新たに西中島のFOXさんで追加購入したものです。
M116A1 ハンドグレネード(ガスチャージャー) - Gun Shop FOX

これらDummy Grenadeは共にGB-Tech(Vega Force Company)からリリースされているのですが、ホンモノを見たことが無い(←当たり前・・・^^;)ですが、中々しっかりした造りで装備のちょっとしたアクセントに良さそうです。
Dummy Grenade - Vega Force Company
Grenade Model - Gas Charger - Vega Force Company


↑「TD MULTI-PORT Stun Grenade」と「M116A1 Simulator Hand Grenade」を並べると大きさの違いが一目瞭然。
今回追加した白い「M116A1 Simulator Hand Grenade」は、Seal Teamが閉所などで突入時に使用する特殊閃光手榴弾(通称:スタングレネード)をモデルアップしたものだそうです。
M116/A1 and the "Flash-Crash" - en Wikipedia


↑現在のマイ・プレキャリには左背面にグレネード・ポーチを装着させていますが、この向きをこの機会に変更してみました。
以前はフラップが上になっていましたが、今度は下向きに変えています。

どちらが正しい装着方法というわけでは無いそうですが、基本的にハンドグレネード類は自分で投げ込む事よりも、チームまたはスタッグで突入する際に、後方に居る仲間が代わりに取り出して投げ込む事を想定するらしいので、この方が取り出しやすいのでは?との説があるそうです。

ウンチクが大好きな私としては早速「ソレ イタダキ!」と思い、気分転換も兼ねて装着方法を変更してみました^^

ただ、残念な事にこのM116A1タイプのGas Chargerは、今持っているグレネードポーチとサイズが合わず、ブカブカの状態なので、フラップにあるFastexを閉めても横からコロンとこぼれ落ちてしまいます・・・。これでは使えないので、何か違うポーチを探してみようと思います。
Posted by ahahamaster at 20:04│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。