2008年04月07日

Airsoft Battle Game

週間天気予報では、「週末は雨」の予報がしばらく続いていましたが、この週末は何とか天気がもち、一転、絶好のサバゲ日和でした^^
気温も上がり、ちょうどいいくらいのコンディションでしたが、白熱!のゲーム中ではもはや上着は必要ないくらいです。


ゲーム開始直前に記念写真をパシャリ!と1枚撮影♪
珍しくジャケットもBDUの上着も脱いで、Tシャツだけでゲームをしました。

長袖のロングTシャツと半袖Tシャツを重ね着しています。
長袖のTシャツはVolk Tactical Gear製のラグランスリーブのロングTシャツ。重ね着している半袖Tシャツは、プレートキャリアを着ていると分かり難い(というよりも分かりませんね・・・^^;)ですが、Crye Precision製のMLI(Major League Infidel) Tシャツです。
Volk Tactical Gear ラグランスリーブ ロングTシャツ - Volk Tactical Gear
Crye Precision MLI T-Shirt - Crye Precision

ESSのCDIゴーグルは、初めてイエローレンズを選んでみました。クリア、スモーク、ローズとこのイエローの4色を持っていますが、イエローはやはりコントラストが最も強い為、木陰などの少し薄暗いところでも比較的見やすくなっている気がします。

Crye PrecisionのMLI Tシャツは、以前にMLIのステッカーを手に入れた時以来、このデザインが気に入っていたので、ソッコーで購入しました。

過去の関連記事:CRYE Major League ステッカー


↑ゲーム開始直前に、プレートキャリアのスリングからマイM4をリリースしてゲーム開始に備えているところです。
ここしばらくはHK416ばかりをゲームで使っていましたが、今回は少しお休みさせ、代わりに復活したBushmaster M4を投入!微調整をし、全体の微細なガタ付もなくなり、快調に作動している様子だったので、ゲームで使えるこの日が来るのが待ち遠しくて仕方ありませんでした。

PeltorのPTTスイッチは、Blackwater GearのプレートキャリアのMolleのコマにクリップを噛ませると、かなりタイト(というよりも無理矢理押し込むくらいのキツさです・・・)なので、その装着方法をやめて、プレートキャリアの左肩付近に装着させていたハンドガンマガジンポーチにクリップを噛ませてみました。
ポーチのフラップを中に押し込めば、ちょうどPTTスイッチのクリップと幅が合う程度のスペースができ、比較的押しやすい場所になりました。
こういう使い方が正しいかどうかは知りませんが・・・^^; 自己流です。


↑バッテリーもNiCdの500mAからNiMHの1,500mAに変えてみました。容量が一気に3倍になり途中のバッテリー切れの心配が無くなりました。冬場の低温化ではニッカドのパンチ力が有効で、ニッケル水素では少し不安があるとの事でしたが、こう暖かくなるとその心配もなくなり、早速試してみたところブンブン回せていました。
このNiMH 1,500mAバッテリーについては後日改めて掲載してみたいと思います。

Aimpoint M68 CCOのComp M4は以前に使ったのは1ゲームほどだったので、本格的にゲームで使ったのは今回が初めてでした。クリアな視界とドット輝度の調整がいい具合でした。Aimpoint Comp M4のM68 CCOと、民生モデルとの違いについて教わる機会があったので、そちらも後日掲載してみたいと思います。
EOTechも良いですが、Aimpointもやっぱりいいですね。この辺は個人の主観や外観での好みに併せてチョイスしていきたいです。

背面のパッチパネルにはBlackwater社のパッチを中心に、いつものものと少し変化させたパッチ類に付け替えてみました。
パッチパネルへのパッチの貼り付け方は何か法則的なものがあるのかもしれませんが、私はその辺知らないので、いつも自分の好みでテキトーに貼り付けています。
なるべくJapanフラッグをメインにするようにしているという他は、特に気にせず貼っています。そういえばどこかのニュースサイトでBlackwater社のオペレーターが日本にもいるとか何とかという記事を見掛けた事がありましたね。


↑プレートキャリアのサイドのファステックス部分に新たにEAGLEのRoll Dump Poch(OD)を装着させてみました。
このEAGLEの折り畳み式ダンプポーチはBash MarketでAggressor Groupさんのブースに1点だけ出品されているのを目ざとく見つけましたw
このEagleのダンプポーチは廃盤アイテムとの事なので、そういう意味からするとちょっとレア・アイテムなのかもしれませんね。


↑マイM4にレールカバーを装着させてみました。写真では分かり難いですが、Magpul社のレイルカバーを装着させています。
穴ボコ具合が特徴的なDaniel Defenseのオメガレール7.0"に、どんなレールカバーが似合うかなーと色々と自分なりに組み合わせを考えていたのですが、最終的に一番気に入ったのがこのMagpul社のレイルカバーでした。
これについても後日時間のある時にでも別途写真を掲載してみたいと思います。

そしてこの日のゲームでは遮蔽物の極限られたスペースからの射撃姿勢について教わる機会がありました。
我流剥き出し・・・で、てんでヘンテコな射撃姿勢なワタクシ・・・なので、ちょっと照れながらも教わった内容を早速実践してみました。

↑まずはニーリングポジションからの射撃をスタート姿勢にし・・・


↑膝を立てていた脚を思い切って前に伸ばすのですが、これがまたキツイっす!
体がメッポウ固い私にはチョットした拷問に近い姿勢です^^;
この脚を伸ばす時に、伸ばした足のつま先が内側に倒れないようにするのが重要との事でした。ドットサイトなど光学機器でエイミングしながらこの体勢になると、光学機器から覗き込みすぎるあまり、銃口がつま先に向いてしまって自分の脚を撃ってしまう事がありえるからだそうです。


↑窮屈な体勢をじっと我慢しつつ・・・、少しずつ体を傾かせながら更に下のポジションへ移ります。この時に下に敷いている右足がシビレ無い内に次のポジションへ進まないと・・・大変な事になってしまいますね^^;

そういえばこの前発売されたばかりのGUNNER別冊「CQB Basic Manual」を購入し、見ました。
このDVDの中でLMS Defenseのトレーナーが言っていましたが「ラクチンな姿勢やポジションは無い」というのはこの事かー!と思った次第であります。
Gunner別冊 CQB Basic Manual - DVD Magazine Gunner


↑更に深く下から覗き込みます。もう反対側の頬が地面に引っ付いています・・・。
地面から匂う春の息吹を感じながらの射撃も中々に乙です^^;


実際の兵隊さんやPMCのオペレーターなどはこういった射撃姿勢と併せて、銃口管理やセレクターの安全管理なども完璧こなすんでしょうね。頭ではイメージが出来ていても、いざ実際にやってみると細かいところがムズカシイ・・・。
色々と考えながら動きを覚えていくのには、マッスルメモリーをさせるしか無さそうです。
ウンチク好きな私としては、こういうテクニック的なウンチクもちょっと頑張って覚えていくようにしてみたいです。

その前にもう少しブログの更新頻度を高めなければ・・・

今回投稿した写真でよーく注意してみてみると1枚だけ明らかにおかしな写真があります・・・。ご愛嬌ということで見逃して下さい^^;
Posted by ahahamaster at 16:19│Comments(4)
この記事へのコメント
新しいライフルと新装備投入ということでさぞかし楽しかったでしょうねぇ。
私もDBTからパラクレイトのプレキャリに変更したのですが・・・ゲームの機会に恵まれません。

小技の効いた装備、いつも参考にさせてもらってます!!
Posted by ジゲーン at 2008年04月07日 16:31
ジゲーンさん、こんにちは~^^
いつもコメント有難うございます。

はい!かなり楽しめましたよ!このM4で遊びたくて仕方ありませんでしたから、週末が晴れるのを本気で祈っていました。
祈りが通じたのか、天候にも恵まれて朝から夕方遅くまで山の中を子供のようにはしゃいで遊んでいました^^

中々ゲームに没頭できる1日を作るのが中々大変ですよね。。。
せっかく新しいアイテムを何か購入しても、それを使う機会に恵まれないのが残念です。

とはいえ、コレクション的な要素がある趣味ですから、次に何買おうか悩むのも楽しかったりするという側面もあるのですが・・・w

私も次に買いたいものリストが既にあるのですが、何から先に手を出そうか考え中・・・です。

装備もエアガンも欲しいものが出過ぎて困っています^^;
Posted by Lumino at 2008年04月07日 17:11
ん? 「↑バッテリーもNiCdの500mAからNiMHの1,500mAに変えてみました。」の上の写真でマガジンが装填されていない・・・コレですか?

XTレールパネルですよね、コレ。
私はよくAR15.COM等で見かけるTANカラーのLadder Rail Protectorが気になっています。
黒いレールとTANのレールカバーがオシャレさんだと思うのですが、いかがでしょう。
あとはTangoDownのものもリモートスイッチを取り付けられたりして使い勝手が良さそうですね。
Posted by たっか at 2008年04月07日 18:43
たっかさん、こんばんは~^^
いつもコメント有難うございます!

うっ!スゴイ!正解です!マガジンを装着するのを忘れていました・・・^^;

レールカバーですが、こちらも仰るとおりMagpul社のFull LengthのXT Rail Panelです。
そのままの長さではDaniel Defense Omega Rail 7.0"には少し長いようだったので、メディックシザースでちょん切りました。
ラバー感のある表面のボコボコ具合が触り心地が良くて気持ちいいです^^

Magpul Ladder Rail Protectorsもいいですよね。基本的に私もたっかさんと同じくブラック/TANのツートン調が大好きな配色なのですが、今回はあえて一度ブラック単色で揃えてみようと思いました。
私個人的には、トゲトゲしさがあるようなレール(ちょっと良く分からないですよね・・・^^;スイマセン・・・)にMagpul Ladder Rail Protectorsを付けてみたいです。

TAN(やDark Earth)調で統一されたテッポーも一度手を出してみたいですねー。
Posted by Lumino at 2008年04月07日 19:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。