2008年04月08日

Aimpoint Flip up Lens Cover

Aimpoint Comp M4用にフリップアップ式のレンズカバーを追加してみました。

↑ゴチャゴチャした感じのあった前回のHK416と比べると、Comp M4を搭載させただけのシンプルなものになりました。


↑右横からみた場合です。Aimpoint Flip up lens coverはあえて斜め右下に開くようにしています。
Aimpoint Comp M4をモデルとしたトイガン用の廉価なモデルが海外メーカーから日本へ入ってきていますね。実際に手にとって見たものもありますが、ロゴのプリント具合や、本体の表面におけるテカリ具合などが異なっている気がします。


↑対眼側からの写真です。レンズカバーにあるロゴの向きからも、通常は上にフタが開くように設計されていますが、上にフタが開いた状態だとサイティング時に視界を邪魔すると言われる事が多く、実際私もそう感じる事があったので、今回はロゴの向きを気にせず斜めに開閉できるようにしています。
色々な実銃の情報サイトに掲載されている写真を見ていても、その辺はあまり固定観念が無いみたいで、真下に開閉するようにセッティングするなど、個々の好きなように取り付ける傾向が多いようですね。


今回私が購入したこのAimpointのFlip up lens coverは、耳状のタブが1ポイントのタイプとなっています。Aimpoint社の商品情報の写真や、米軍サイトの写真と見比べると、2ポイントタイプの両耳タブをよく見掛ける一方で、この写真のようなワンポイントタイプはあまり見掛けていません。たまたまかもしれませんが・・・。
Aimpoint Flip up lens cover - Aimpoint
どちらかが初期型でどちらかが後期型とか、そのレベルの違いだったような気がします・・・。確か、そんな話を聞いた事があったような気もしますが、ハッキリと覚えていません。


↑元々付いていたComp M4の特徴的ともいえるラバー・レンズカバーは使っていません・・・。「ミリタリーモデル」っぽくシンプルでテキトー感が出ているこのカバーで雰囲気を出すのもいいのですが、やっぱりちょっと使い勝手がお世辞にも「イイ!」とは言えませんから・・・


↑MountもAimpoint純正のスクリュー式マウントからLaRue TacticalのComp M4専用「LT659 Standard AR」マウントに変えています。
過去の関連記事:Aimpoint Comp M4 LaRue Mount
過去の投稿にもありましたように、最初はこのLT659の設置向きが間違えていたようで、詳しい人から指摘を頂き、今ではその頂いたアドバイスに基づいて取り付けています。

Aimpoint Comp M4 w/ LaRue Tactical QD Mount - LaRue Tactical
↑LaRue Tacticalのサイトに掲載されているLT659の取り付けられた状態の写真をみてみると、Throw Lever(スローレバー)の向きがレシーバーの右側にきているのが分かります。
A.R.M.S.のスローレバーなんかでは、その殆どが左手でスローレバーの取り外しができるように左側に付いている「らしい」のですが、このLaRueのLT659では右側に来ています。
明確な理由は私などでは全く分かりませんが、ちょっと気になったので書き記してみました^^;


↑Daniel Defense Omega Railに装着させているのはMagpul Full Length XT Rail Panel。
Full Length XT Rail Panel - Magpul
シンプルなレールパネル(カバー)です。海外トイガンメーカーからも多数コピー品が出回っていて、実際に手にとって見たことがありますが、正直、これ程までにシンプルなものとなると殆ど見分けが付かないです・・・^^;

工業デザインを専門としていたMagpulだけあって、Magpulのパーツはどれもこれもカッコイイです。MASADA、PMAG、早くトイガン用出てこないかな・・・。
Posted by ahahamaster at 20:09│Comments(4)
この記事へのコメント
クレーンストックinバッテリーですか?ブッシュマスターのM4
やはり自分でカスタムするとしたら素材はマルイのSR-16ですかね?
M4は手に入れたことがないのでご教授願います
やっぱ不器用な人はショップのほうがいいですかね
Posted by エイブラムス at 2008年04月08日 22:02
いいなぁCOMP M4・・・羨ましいです。

私はM2を使っているのですが、バッテリーが手に入りにくいです。
今年はトレポンのM4とEo-Tech553を購入するつもりですが、
マルチカムとパラクレイトのRAVを装備したSASの画像を見て以来、
RAVを手に入れようと思案・・・結果、PANTACのRAVを購入することに。
トレポンが遠ざかる・・・
レプリカとはいえ、PANTACのRAVは高かったです。
まぁRAVがあればアメリカ陸軍やSAS、陸自もできそうなんですが。
Posted by ジゲーン at 2008年04月08日 22:33
エイブラムスさん、こんばんは~^^
コメント有難うございます。

バッテリーはKing Arms製のCrane Stockに収納するよう加工して頂きました。
ストックの中の様子は以前に投稿致しました記事をご参考にして頂ければと思います。
http://ahahatv.militaryblog.jp/e15476.html

ベースガンは東京マルイ製M4A1だったようです。「だったようです」とあるのは、パーツ類を一括で手配したので、ベースガンを見ていないので分からないです・・・^^;

私の場合は機械いじりが滅法苦手なので、いつもショップさんへカスタム依頼を出すか、または周りにいらっしゃる詳しい方々に組み上げをお願いする事が多いです。

すいません・・・あまり参考にならないお話になってしまって・・・。
Posted by Lumino at 2008年04月08日 22:38
ジゲーンさん、こんばんは~^^
コメント有難うございます。

トレポン、いいですよねー。以前はそれ程でもなかったのですが、ここ最近はトレポンの魅力と言いますか、魔力?に引き込まれそうな自分を精一杯我慢しているところです^^;

私も同じく、装備は装備で欲しいものがあり、それも今、購入を検討中なのですが、何せその他にもそれ以上にもっと欲しいものがあり、それが解決してからにしようと考えています。

うーん、困ったもんで、キリが無いですね・・・^^;
Posted by Lumino at 2008年04月08日 22:44
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。