2008年05月19日

EAGLE CIRAS in Action

この週末は夏を思わせる程の陽気で絶好のゲーム日和でした。

最近は再びタバコを止め、禁煙しているせいか、持病の偏頭痛もめっきりなくなりゲームに没頭の一日となりました^^
禁煙は前回10年の喫煙生活にピリオドを打った時と同様に、今回は1年の喫煙生活を再開してしまいましたが、今のところ殆ど禁断症状も出ず、あっさりとすんなり禁煙出来てしまっていますw

さて話題を変えてサバゲーの話です。この週末は初めて参加させて頂いたゲームでしたが、物凄い人数の迫力に、ただただ圧倒されるばかり。

この日のゲームの為に広いフィールド内に用意されたハンビーには、その周辺が爆発する仕掛けがあって、その近くで交戦すると気分はまさにPMC~!


アメリカ海兵隊もサバゲーに参加して、並んで撃つ事ができ、貴重な体験ができました。

・・・・

上記2枚の写真はいずれもフィクション(合成写真)で、単なる妄想ですw
(究極の自己陶酔です、汗)

と、痛いワタクシの写真で始まった今回の投稿では、週末のゲームフィールドで試射しているシーンを撮影して頂く機会があったので、その時の写真を使って投稿してみたいと思います。

ちなみにこれら米軍サイトからお借りした写真のご紹介しておきたいと思います。

U.S. Army Photo by Courtesy Connecticut Army National Guard
M116A1とM115A2によるハンビーのコンボイに対する攻撃をシミュレーションした際の写真だそうです。
過去の関連記事:M116A1 Simulator Hand Grenade


Photo by U.S.M.C. Sgt. Ezekiel R. Kitandwe
クェート Camp Beuhringで訓練中の海兵隊M.E.U.(Marine Expeditionary Unit)。

で、肝心のゲーム参加の写真はと言いますと・・・
(ここからはノンフィクションの写真です。)


まずは弾道調整の為に、というよりも久々の広い屋外なので、単にテッポーを撃ちたかっただけかもしれませんが、ローレディー・ポジションからターゲットに向かって射撃をするところです。


3つのマンターゲットに向かって射撃し、気分爽快です^^

右の脇腹にはBlackHawk!のSepra CQC Holsterを装着させ、マルイ製Glock17を射し込んでいます。

マルイ製Glock17、スゴイ出来がイイ!っすよね~。とにかく当たる!快調なブローバックもイイですし、何よりも海外を中心としたサードパーティーからのカスタムパーツや、Ocean Custom Tacticalさんのようなカスタム・コンプリートも出来るとあってバリエーションが増えて楽しめるのがいいですね。

私もついつい気が付けばマルイ製Glockを3本も持ってしまっていて、それぞれ違ったカスタムをするぞ~と意気込んでいました。寒い季節が終わったので、そろそろまた本格的にハンドガンのカスタムをやっていきたいです^^


U.S.M.C. Photo by Lance Cpl. Richard Blumenstein
スタンディングとニーリングでの射撃を反復して訓練中のMarine。
MICH2000のTANにODのツナギ、M4 Carbine・・・こんな壮観な状態をエアガンを使ったゲームフィールドで出来るとスゴイでしょうね。


ターゲットまでの距離は5mくらいでしょうか、それ程遠くなく、ハッキリ言って全弾必中は出来て当然なので、面白くないんじゃないの?と思われるかもしれません。が、しかし、ナリキリ君になってしまうと、そんな事を忘れてただひたすらに撃ち込んでしまうのでした・・・^^; イタイヤツ・・・です。

銃を手にした次の瞬間に構えていて、そして構えながら前、横へ動きながら、時に障害物から射撃をする格好をした事のある人は多いのではないでしょうか(笑
↓こんな感じに・・・。

U.S.M.C. Photo by Pfc. Kyle T. Ramirez
日本の警察へハンドガンを使ったデモンストレーションしているSRT(Special Response Team)。ガンハンドリングしながら若干内股気味で動き回るのにはワケがあるそうです。そのワケを知りたい!


気分がノッてきたのか、スイッチングまでしてしまっています^^;
スイッチングすると頬付けの際に、ヘッドセットのムーブマイクのアームが邪魔です・・・。慣れるしかなさそうですね。


再びレギュラーポジションでの射撃に切り替えました。
今回初のゲームデビューとなったEAGLE CIRAS Maritime(RG)。中にダミープレートとソフトアーマーを詰め込んでいるので、密着感はバッチリでした。
収容力に優れるCIRASだけあって、沢山のポーチ類が装着できます。お腹周りはモリモリの状態になっています^^;


前回のBlackwater GearのプレートキャリアではTAN(Khaki?)ベースにMulticamやRanger Greenのポーチ類をゴチャマゼで装着させていたのに対し、今回のEAGLE CIRASではCBやOD、MCのポーチを着せ替えしてみたのですが、イマイチまだイメージが湧かないので、基本的にRanger Greenに統一してみました。
(HK416レシーバー付近に貼付された「○」のステッカーは、この日のゲームのレギュレーション通過した証です)

このEAGLE サイラスについては、また後日別の機会に詳細をアップしてみたいと思います。


先程のハンビーの合成写真にあったのはこちらの写真を切り抜いて加工しました。

ニーリングでの射撃をしているところです。芝生?の生えた柔らかい地面なので、ニーパッドはあっても無くてもどちらでも良さそうです。これくらい地面が柔らかい場所なら、この5.11のH.R.T.パンツにインサートするネオプレーンパッドだけでも十分そうでした。
過去の関連記事:5.11 HRT Pants


久しぶりのゲームという事もあって、HK416、Daniel Defense Bushmaster M4、Samson K-Rail Krinkovの3本を持ち込みしました。でもなんだかんだで一番よく使うのがHK416です。最も壊れ難く、バッテリーの持ちが良く、快調に動くので・・・。


EBERLESTOCKのGUNSLINGER PACKだと、サイドのスペースをうまく活用する事で、クリンコフのような小さなテッポーを装着させる事ができ、便利です。
過去の関連記事:EBERLESTOCK GUNSLINGER PACK
とはいえ、この銃本体むき出しの状態でウロウロ出来るのは家の中とフィールドくらいですが・・・^^;

そういえば静岡ホビーショーでマルイさんの発表した新商品がブローバックのクリンコフだそうですね。その情報知ってたら、もう少し我慢して待っていたのに・・・。
AK74MNを撃った時に、やっぱりあの反動は面白いな~と思って、実はちょっぴり本気で買おうとした事がありましたw
Posted by ahahamaster at 17:37│Comments(2)
この記事へのコメント
こんにちは~

CIRAS、レンジャーグリーンで統一したんですね。
コヨーテが流行る中、渋いですねぇ・・・
フルアーマーは暑いと厳しいですよね・・・
私のRAVは未だに届きません・・・
(夏になって送ってきたら文句言ってやるぅ)


私も着々と装備が揃ってきました!
トレポン、V-10ベスト・・・

EAGLE製品ってどこか気品すら感じる物が
多いですよね。そりゃ各メーカーはパクるわけだ・・・
Posted by ジゲーン at 2008年05月20日 13:22
ジゲーンさん、こんにちは。

そうですね、フルアーマーは暑かったです^^;
プロの人たちはホンモノのプレート入れて、弾の入ったマガジンを満載で・・・、こんなのどころじゃない重さになるんでしょうね。スゴイ。

CBも、もちろんカッチョイイのですが、「次はRGが欲しい!」と狙っていました。ODとはまた違ったクスミのある色味が渋い雰囲気を出していてすごく気に入っています。
それほどまだポーチ類の展開が出回っていないので、選択肢が少ないのが若干寂しいところです。

もう少し暑くなってきましたら、チェストリグとキャメルバックの組み合わせという超シンプルなスタイルになりそうです^^;
Posted by Lumino at 2008年05月20日 15:22
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。