2008年06月17日

Blackwater Gear Mossy Oak Cap

最近キャップにハマっています。と言っても元々帽子は好きだったので、タクティカルなキャップを始め、気が付けば部屋の中が帽子だらけになってきました。比較的手を出し易い価格帯で、デザインのバリエーションが豊富な事もあってか、次々に買ってしまいます^^;

今回は先日ファントムさんへ買い物に行った時に目に付き、思わず衝動買いしてしまった「Blackwater Gear Mossy Oak Baseball Cap」をご紹介しようと思います。
BLACKWATER ロゴキャップ/MOSSY-OAK - ファントム


新調した「5.11 ロングスリーブシャツ」と「Blackwater Gear Mossy Oak Baseball Cap」の組み合わせでご機嫌に射撃中のワタクシ。
この趣味は、ナリキッテナンボ!ですから^^

写真中にある「5.11 ロングスリーブシャツ」や先日の写真にある「BlackHawk! Warrior Wear Tactical Pants OD」については後日その詳細を掲載したいと思います。


こちらが本題の「Blackwater Gear Mossy Oak Baseball Cap」。上に載っかっているサングラス・ゴーグルはESSのCDIです。
●過去の関連記事:ESS Goggle CDI™ Sunglasses

Mossy Oakは2,3年前くらいにアパレル・カジュアルでストリートの若者を中心に大ブレイクしたカモパターンだそうです。このカモフラパターン自身は結構前から見ていた気がするのですが、今時は何がブームになるか分かりませんね・・・。


正面にはBlackwater Gear定番の「熊の手」をあしらったロゴと、「Mossy Oak」のプリント文字が入っています。

Mossy Oakのカモフラパターンは商品個々による個体差が激しいので、「Mossy Oak」のプリント文字の位置や、カモフラパターンそのものなど、コダワリを持って買いたい方は、店頭での購入で実際に商品を手にとって買う方が良さそうです。


この「Mossy Oak」は、「Real Tree」という呼び方をしていた事がありましたが、改めて調べてみると、ブランド毎にいくつかのパターンがあるようです。

「Mossy Oak」自身は「Mossy」が「コケで覆われた」という意味で、「Oak」は「《植物》オーク(材)」という単語になっているので、深い森林をイメージしたカモフラージュパターンというのが想像できます。


「Mossy Oak」をキーワードに検索してみると、やはりありました、「Mossy Oak」のホームページが。
Mossy Oak - Haas Outdoors, Inc.
Mossy Oak ® Apparel
ハンティング用途がメインのようですが、植生さえ合えば強力な「Blend in!」で高い迷彩効果を発揮し、様々な他の用途でも有効そうです。

思った以上にこの「Blackwater Gear Mossy Oak Cap」が気に入ってしまい、これに端を発しOakパターンのアイテムが他にも何か無いかな?と探してみました。


共にTaylor & Stonerさんのサイトから写真を拝借しました。
向かって左が「English Oak」のBaseball Cap。同右が「Smokey Branch」のOakのBaseball Capです。
どちらもクールでカッコイイですね~。しかも、いずれも値段が2,600円となっていて、かなりお買い得です。ベルクロやタグなど、好みに応じて自分流のカスタム・キャップを造ってみたくなります^^
DPM迷彩 イギリス軍 キャップ・ハット・帽子 - Taylor & Stoner
Smokey Branch


写真向かって左は頑丈なハードケースで有名な「ペリカン」の小型ケースで、「Pelican PL1020 Micro Case Mossy Oak」という名称になっていました。
Pelican PL1020 Micro Case Mossy Oak - Siizum@Rakuten
同じく写真向かって右もペリカン製品で、Mossy OakのLEDライト。これなんかも一般的に出回っているブラック単色のものよりもこちらの方がオシャレっぽく仕上がっていてイイですね。
Pelican VB3 LED - New World Net@Rakuten

その他にもいくつかMossy Oakのカモパターン製品がありました。
Search Results about MOSSY OAK - Rakuten


少しレアなところでOAKパターンとなっているのがこちらのDPMS、Panther Armsの「Ted Nugent Hat」。パラベラムさんのサイトでその詳細が掲載されています。・・・写真はパラベラムさんから拝借しています^^;
かなり個性的なデザインになっていますね~。
DPMS テッドニュージェント カモキャップ - ミリタリーショップ パラベラム


ゲーム中は、意外と頭がよく目立つので、このような迷彩効果の高いカモパターンが施されたキャップは有り難いです。
本投稿の冒頭にもありましたように、ストリート用のカジュアルスタイルでも不自然じゃないので、普段用でも使えそうで、これから重宝しそうです^^


こうしてPeltorを始めとしたヘッドセットを装着すると、ベースボールキャップの頭のてっぺんにあるポッチリが痛くて・・・。最初はヘッドセットとの干渉を避けて装着していたのですが、夢中でゲームをしていると気が付かない間にポッチリの上にヘッドセットが乗っかり、ヘッドセットの重みで圧迫され、痛みを伴います。
次回までにはこのポッチリを取り外しておこうと思います。


迷彩効果が高い事を強調していたこのMossy Oakのキャップですが、同じく迷彩効果が高く「Blend In!」のキャッチコピーを掲げるCrye Precisio社のMulticamと並べて、色々な植生を背景として写真を撮り比べてみたいです。
Posted by ahahamaster at 14:15│Comments(4)
この記事へのコメント
いつもそのセンスの良さに脱帽っす!
「Mossy Oak」来そうですね。
早速パクらさせていただきますw
Posted by Domon at 2008年06月18日 12:11
Domonさん、こんにちは~^^
コメント有難うございます。

Mossy Oakはワンポイントのアクセントとして採り入れると、全体的な雰囲気がイイ感じになりますよね~。

フロントにあるBlackwaterのロゴがロービジな入り方になっているのも、お気に入りポイントです。
Posted by Lumino at 2008年06月18日 12:20
いつも拝見しております。
確かに帽子(ブーニーハットも含む)は知らないうちに集まっていて
困ってますw今回のこのキャップはいいですねぇ案外頭部って忘れがち
になったりするのですがこのキャップなら迷彩効果も期待できるので
いいですね同じシリーズでもこんなに柄が違うのは知りませんでした~
Posted by エイブラムス at 2008年06月19日 15:57
エイブラムスさん、こんにちは~^^
コメント有難うございます。

ゲーム中、周囲の様子を窺うのに頭部だけが動いていると、意外と目立つもんですよね。

単色のキャップよりもカモフラパターンが施されているものの方が、きっと迷彩効果は高いと思います。

あとはカッコ良さも重視したいですからね!

是非次回はマルチカムとの迷彩効果の比較をしてみたいです。
Posted by Lumino at 2008年06月19日 16:26
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。