2008年06月17日

BHI CQC Holster Molle Platform


拡張性バツグンのEAGLE CIRAS(サイラス)ですが、体格に乏しい私にとっては、あまりアレコレ付け過ぎてしまうと嵩張って(かさばって)しまい、重量感で疲労感も出過ぎてしまいます・・・。
そして、機動性を考慮すると、出来る限り腰周りや脚部周辺にも装備をなくしたいという考えがありました。

とある方から聞いた話によると、最近の特殊部隊(話の流れからすると、恐らく米軍を指しているようでした・・・)でも、あまり腰ベルト、レッグホルスター、レッグなんちゃら・・・を付けないような傾向があるそうです。

その話が本当かどうかは別としても、確かに腰や脚にゴチャゴチャ付いていると動きが制限されてしまいますもんね。闇雲に走り回るお馬鹿なゲームスタイル(笑)の私を見て、ゲーム仲間の1人から、「CIRASの脇腹にサイドアームをストックするようにすれば?」とアドバイスを頂き、早速採用!


トランジションの際に、若干深く肘を曲げなければサイドアームを取り出すことが出来ませんが、練習次第で慣れればそこそこ素早いドローが出来るようになりそうな気がします。

Molleウェッブに差し込むアダプターを取り付けるだけで簡単に装着出来るこのホルスター。BlackHawk!のSEPRA CQC Holsterの簡単ドロー且つ確実なホールドが超お気に入りです。

いつもよく見に行くパラベラムさんのサイトでも、売れ筋ランキングでCQCホルスター関連が堂々のワンツーフィニッシュ!一般的にもかなりの人気商品のようです。
ミリタリーショップ パラベラム

今回の「BHI CQC Holster Molle Platform」について、パラベラムさんのサイトに詳細が掲載されていたので、写真を拝借させて頂きました。手抜きしてしまいました・・・^^;


ブラックホーク CQCホルスターMOLLEプラットフォーム - Parabellum
上記リンク先、パラベラムさんのサイトの名物コーナー「あふりかアイ」に注目して見てみると、Sepraのサイ(Thigh:大腿部)ホルスターとは付属のネジ径が異なるそうです。知らなかった・・・、危ないところでした。

その他にも従来モデルとの素材の変更についてや、取り付け方向が向上している点など、細かな情報が掲載されているので、実際に商品を見て買う事が出来ないネット通販の特性をカバーする情報が掲載されているので有り難いです。


とりあえずこのCIRASは、この写真のような配置で大幅な変更は今のところ無さそうです。


機能性云々とは関係無いのですが、CIRASの背中側の内側にあるEAGLE社の大きなタグの上にあるベルクロ・メス部分に「ODA133 Order Made INSIGNIA」を貼ってみました。こんな使い方をするのかどうかは知りませんが、イメージは「名札」みたいな感じです^^
●過去の関連記事:ODA133 Order Made INSIGNIA


”主人(あるじ)”の居ないCIRASだけだと、まるで「抜け殻」みたい・・・ですね。ポツ~んと・・・。
背面のパッチパネルには、一番のお気に入りメインウェポン「HK416」に因んで(ちなんで)、HK社のパッチを貼って、メインウェポンとパッチの統一感を味わってみました。

トラブルに見舞われがちなBushmaster M4がまたまた不運にも休養を要しているので、暫くはHK416のみとなりそうです。
手配中のトレポンが早く上がって来る事が待ち遠しくなってきました。まだかな・・・。
Posted by ahahamaster at 18:32│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。