2008年06月24日

YHM Front Tower & Rear Sight

最近、ゲームに行くと参加しているゲーマーさんのトレポン所持率が急に高くなってきているような気がします。

一般的に最も普及している東京マルイ製電動ガンは、「トイガン」というコンセプトに特化したテッポーで、撃って当たる!に徹した造りになっています。
一方のトレポンは、私の勝手なイメージでは、マルイ製電動ガンほどは実射性能が悪く、とにかく値段が高い!というイメージでした。

値段については、廉価なマルイ製とは言え、リアルパーツをタップリと付け替えていけば似たようなもんかな?と割り切る事で、自分自身を納得させ・・・、実射については、適切なカスタムをすれば実射性能について評判の高いマルイ製と変わらないくらいに向上させる事が出来るとの事でした。

それなら是非に!
ということで、トレポン早く来ないかな~と心待ちにしているところです^^

記念すべき初のマイ・トレポンに装着出来るパーツはないかな?とヤフオクを物色していると、面白そうなものがありました。
hirokomama0527@Yahoo Auction


YHM(Yankee Hill Machine Co, Inc.)の「A1 Style Flip Rear Sight」です。


当初はシンプルで何も飾りっ気の無いM4A1にしようと思っていたのですが、せっかくのシステマ・トレポンなので、レールを付けた方がいいよ!と周りからのアドバイスもあって、マルイベースのBushmaster M4に取り付けていたDaniel Defense Omega Railを取り外してトレポンへ装着予定となりました。


リアサイトがYHMなのであれば、フロントもYHMで合わせてしまえ!と、これまた、たまたま「hirokomama0527」さんで発見したYHMの「Front Flip Sight Tower」。
同モデルでは2種類ある内の、バヨネットラグ(着剣ラグ)があるタイプを選んでいます。些細な違いですが、若干ボリュームが出るので、このゴツさがイイ感じです。

製造の工程としては、どちらもラグ付きタイプで一旦製造され、その後の工程においてラグ無しタイプはラグ部分をカットされるそうです。その為、ラグ付きのタイプよりもラグ無しタイプの方が手が込んでいる事になるそうですが、YHMのサイトを見ると、値段はどちらも変わりません・・・。
Sights - Yankee Hill Machine Co, Inc.


東京マルイ製電動ガン用に装着していた三角(トライアングル)サイトとYHMの「Front Flip Sight Tower」とを比較してみました。YHM Front Flip Sight TowerにあるSling Swivelには、スリング装着時の金属がぶつかり合う音を防ぐ為に、スィベル表面にラバー加工が施されています。


フロントサイトをフリップアップさせた状態。こうやってフリップアップさせた状態で見比べると、別物に見えていたパーツが、同じ目的を持って造られたパーツなんだなーと実感させられます。

このYHMのフロント&リアサイトは共に新しいパーツではないらしく、結構以前から製品化されていたものだそうです。YHMのパーツはどれもあまり飾りっ気が無く、「質実剛健」なイメージのものなので、今回のSystema PTWで組み上げ予定の質素なイメージと合致しそうです。
Posted by ahahamaster at 14:57│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。