2008年07月17日

Comparison RealTree Camouflage

気が付けば梅雨明けしましたね。今年は、あまり梅雨らしい日々を過ごした記憶が無く、毎日の通勤でもそれ程雨に遭遇する事無く過ごす事が出来ました。

雨の日は何かと不便ですし、この暑さと相俟ってジトジトした感じが実に不快ですが、雨が少なければ少ないで、水不足が叫ばれ大変な事になるので、ビミョーですね。

さて、今回のブログ更新は、最近のマイブーム「リアルツリー」のカモフラがあしらわれたキャップと、ポーチや、ちょっとした装備のご紹介をしたいと思います。いつもの如く脱線した話題に熱が入るのはご容赦下さい^^;


イギリスIFFパッチが派手に貼られたヘルメットを収納しているのは、Mossy Oakのシューズ袋です。一般的に「リアルツリー」と呼ばれる数種類のカモフラ柄の中で最も好きなのが、このMossy Oakです。くすみのある色合いが実に渋い!

このMossy Oakのシューズ袋は、名前の通りサバゲで使うコンバットブーツや靴を入れるものですが、ヘルメット入れとしても使える大きさなので、ホコリが被らないよう、保存用として使ってみようかなと思っています。



使用例がAggressor Groupさんのサイトに掲載されていたので、写真を拝借しました。
Kifaru Boot Bag - Aggressor Group

サイのロゴの「Kifaru」ブランドのこのMossy Oakのブーツ袋は、特注品という事で売られていただけあって、中々のお値段だったので、ブーツ入れとして使うのには、さすがに少~しばかり気がひけます・・・^^;(Aggressorさんでの取り扱いはありません)
とは言え、一旦使いだしたら気にならないようになるんでしょうね・・・。


前回の「Blackwater Gear Mossy Oak Cap」でご紹介して以来、他のリアルツリーのキャップが気になってしまって、結局自爆してしまいました^^;
Mossy Oak、English Oak、Smokey Branch Oak、とそれぞれに特色のあるカモフラパターンとなっていて、その時の気分によって被り分けてみようと思っています。
●過去の関連記事:Blackwater Gear Mossy Oak Cap


最近よく使っているカモフラパターンベースとなったベースボールキャップを並べてみました。
左から順に、Desert DPM、Smokey Branch Oak、Mossy Oak、English Oak、Crye Precision Multicam。
Desert DPM Baseball Cap
Smokey Branch
Mossy Oak
Crye Precision

ゲームだけで使うのは勿体無いくらいに、どれも普段から使えそうなアイテム!・・・と思うようになったらミリオタ道マッシグラ・・・です^^;
ま、でも、本当にカジュアルシーンでも通用しそうなものだとは思います。

そしてやはり気になるのは、これらリアルツリーの迷彩効果。外に出掛けて写真を撮る機会に恵まれなかったので、手近にあった迷彩効果が高いと言われるMulticamの布の上で、各キャップの写真を撮影して比較してみました。






流石にマルチカムの布の上でマルチカムのキャップを撮影すると一番溶け込んでいますね。もっとも、実際にゲームで使う時には、その場所の植生や、季節など様々な条件が入ってくるので、今度屋外フィールドでのゲームに行った時にでも、もう一度同じように比較撮影をしてみたいです。

リアルツリーのキャップは中々どれもカッコイイです。まだまだ知らないだけでリアルツリーのキャップが他にも色んなデザインで存在するんでしょうね。
DPMS Panther Arms Official Baseball Cap - Military Shop Parabellum
Max 4 Mesh Back Cap - realtree.com
Natural Materials, Natural Colors - Advantage Cap .Com

ちなみに、今回新たに追加した「Smokey Branch Oak」と「English Oak」は、共に「Jack Pyke」というブランドのタグが貼られていました。
Find your local stockist - Jack Pyke of Legend


お次はこちら、Advantage Camoの生地を使って造られたVolkさんの「Volk SP Bag」です。こちらも衝動買い^^;
Volk SP Bag Advantage Camo

Taylor & Stonerさんで購入したEnglish OakのBaseball Capと一緒に並べてみました。あしわられているカモフラパターンによって、緑の葉が多いところと、そうでないところの差があるので分かり難いですが、この2つは殆ど一緒のパターンになっているように思います。

「English Oak」で検索を掛けても、そのまま直訳した「イギリスの林」について書かれているブログやホームページくらいしかヒットしません。「English Oak」=「Advantage Camo」なのかな?と思って色んなサイトを確かめに、情報収集の旅(ネットサーフィン)へ繰り出していると、先述の「Jack Pyke」のページに以下の記載がありました。
English Oak Camo is our own ingenious design. Based on an English Woodland - and not a USA forest - if you wish to blend into the British countryside you now can, with a carefully designed English pattern on garments and bags made for effortless comfort and fit.
つまり、「English Oak」とはJack Pyke独自のカモフラパターンで、イギリスの植生をモデルにしたカモフラパターンという事のようです。


そして再びVolk SP Bagの写真に戻りますと、サイドのベルクロスペースに貼付しているパッチは、Mil-Spec Monkeyの「Major League Sniper」というパッチです。Forest/Arid/ACU-Light/ACU-Darkというカラーバリエーションが他にもある中で、選んだのは最もカラフルなタイプのもの。
Volkさんのバッグが「SP」とあるので、これは「スポーツバッグ」の「SP」と勝手にイメージし、このパッチを選んでみました。
Major League Sniper - Taylor & Stoner
MILSPEC MONKEY Major League Sniper
Mil-Spec Monkey Collection

最近、実は筋トレにハマっていまして・・・、そろそろまた本格的にジムに通ってトレーニングに励もうかなと思っているところです。このバッグはその時に着替えやタオルなどを入れて持ち歩きたいなと思っています。

とりあえず今は毎日仕事から帰ってから、自宅で夜な夜な腕立てとバーベルを使ったトレーニングをしています。お陰でちょっとばかりボリュームアップしました。毎日の積み重ねは大事ですね。

三十路に入ってからというもの、たるみが際立ってきて、体力の衰えを感じるようになりました。20代までは上り調子の肉体だったのが、一変しこれからの人生下る一方・・・。考えると哀しくなってきますねTT
そんな下り坂を少しでも緩やかなものにする為にも頑張らねば!


Volk SP Bagの反対側には「MED」と「O-Pos」のパッチを貼付しています。
このAdvantage Camoの「柄(がら)」は、その昔子供の頃に、昆虫採集をしていた時に深夜の街路灯に落ちていた「蛾(ガ)」がこんな感じの羽をしていましたね^^;
蛾も迷彩効果を狙って、あんな柄(がら)の羽にしたんでしょうね。


こちらは何度もこのブログに登場しているTacical Tailorのファーストレスポンダー。
このバッグに新たにEMDOM USA製の「"Grobes" Glove Dispenser Pouch」を装着させてみました。こちらの「"Grobes" Glove Dispenser Pouch」は別注のMossy Oakとなっています。
"Grobes" Glove Dispenser Pouch - EMDOM USA, Inc.

バッグ全体がMossy Oakよりも、単色バッグにワンポイントとしてMossy Oakを採り入れるのが好きです。Mossy Oakなどのリアルツリーは、Foliage Green(フォレッジグリーン)やRanger Green(レンジャーグリーン)との相性が良さそうな気がします。
●過去の関連記事:Suunto Vector ミリタリーグリーン


このEMDOM USAの「"Grobes" Glove Dispenser Pouch」は、「Latex Exam Gloves(実験用{使い捨て}ゴム手袋)」を効率よく運ぶポーチの一種で、ティッシュペーパーの箱のような口の部分が特徴的です。
実際私は先程の写真にあるように、ポケットティッシュを入れて使っています。プロの現場ではMedicなどが救命救急対応を行う時に衛生的で施術のし易いラテックスのグローブを使うのに活用されているそうです。

ここからは少し本題としていた「リアルツリー」から離れた話題ですが、最近すごく興味津々なのがMedicのアイテム。先程EMDOM USAの「"Grobes" Glove Dispenser Pouch」の話題で触れたようなアイテムに「萌え~~」なのです^^;


中でもつい先日、「Paramedic Scissors Black Blade」の投稿でも触れていた「NARP(North American Rescue Products)」が大好きです。
自分で話題に出しておきながら、結局あの後、買ってしまいました・・・ハサミを。
●過去の関連記事:Paramedic Scissors Black Blade


North Americanのハサミは、写真で見ていた以上にカッチョイイ!たかがハサミですが、この存在感は圧倒的です!(←チョイ大袈裟ですね^^;)

ちなみに、一緒に写っているパッチは、これまたマイブームのアラビア語パッチです。コストパフォーマンスが高いと言われるCamo Tech製のパッチで、アダムとイブのイスラム神学でも登場する単語のようで、アラビア語で「悪魔」という意味の文字が刺繍されているそうです。
Camo Tech "Shaytan"(The Great Satan) - Taylor & Stoner
Shaytan / Shaitan - en Wikipedia
英語や日本語のパッチだけでなく、もっとアラビア語やキリル文字のパッチなんかも出てくると面白そうですね。

North Americanについてはまた後日、自分用の勉強帳として、自分なりにまとめた内容をアップしてみたいと思います。
●過去の関連記事:N.A.R.P. Medic Pouch
Posted by ahahamaster at 17:48│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。