2008年07月23日

SAMSON K-Rail Model2 - Krinkov

海の日の3連休が過ぎ、いよいよ夏本番!琵琶湖でBBQをやったり、渓流で釣りを楽しんだりと、夏を満喫しています^^
今年初となった釣りでは、手の平サイズのアブラハヤとウグイを計4尾ゲット!釣果としてはまずまず上出来です。中々の引きがあって楽しかったです。

遊びまくりの3連休、猛暑の中ゲームにも行ってきました。今回は珍しくメインアームにSAMSON K-Rail Model2を組み込んだKrinkovを持って行きました。

過去の記事でも何度か登場していたこのクリンコフ。普段最も使っているHK416の影で完全に脇役状態となっていました。
こうも暑いと少しでも軽いテッポーを持って行こうと思い、今回初めてメインに抜擢!

でも結局は、CIRASをフル装備状態で着込んでしまうと、テッポーの重さ云々という状態ではなくなりました・・・^^;


内部ユニットはもちろん東京マルイ製電動ガンAK47のものとなり、外装はINOKATSU製のパーツを使用。

SAMSON社がリリースしているAK用RailにはModel 1~3までの3タイプあるようで、この写真にあるものはその中のModel.2となり、「for Krinkov」となっています。
AK-47 Family Rails - Samson Manufacturing Corporation

レイルの左側にはKrebsのサイドマウントグリップアダプターとTango Downのバトルグリップ・ショート版(King Arms製レプリカ)をセットしています。

Krinkovといえば、先日発売されたばかりのマルイさんの電動ブローバック”次世代電動ガン”AKS-74U!
あれ、いいですねー。早速ショップさんのデモ機で撃たせてもらいましたが、処女作ともいうべきAK74MNと比較しても、更にリコイルがシャープになっている感じがしました。もちろん、マルイ製なので、命中精度は申し分無し。
次世代電動ガン AKS74U - 東京マルイ

撃ってしまうと心がグラグラと揺らいでしまいます・・・。


このマイ・クリンコフの最大のお気に入りポイントはやはりこのSamson Manufacturing Corporation製K-Railを装着させている点です。

Samson Manufacturing Corporationについては、今年の2008 U.S. Shot Show関連の投稿で触れていた事がありましたが、結局蓋を空けてみればゲットしてしまっていました・・・^^;
●過去の関連記事:Magpul in SHOT SHOW 2008


SAMSONは米国の銃器メーカーでTROYの下請けをやっていたとの事で、このK-Railのスタイルにもその名残があるように感じます。

小さなAKのクリンコフにレイルを搭載できないかなーと思っていたところに、このサムソンのレールが目に入りました。本場米国Shot Showでお目見えしたばかりなので、まだまだ入るのは先かなーと思っていたところ、AKカスタム工房として有名なHammersさんのサイトに入荷しているのを発見!ソッコーで購入してしまいました。
SAMSON K-Rail モデル2 - Hammers

上記ハンマーズさんのリンク先にあるとおり、このSAMSON K-Rail Model.2は、ユーゴのM85/92用となっていているそうです。
装着自体はバレル基部にブロックアダプターで固定するのですが、そのままでは径が全く合わないので、レイルに装着したTango DownのBattle Grip Shortを強く持つとレイル全体がグルグルと動いてしまいます。

その為、比較的分厚いゴムのスペーサーを噛ますなどの対処が必要となりますが、手頃なものが見当たらなかったので、直接ブロックアダプターに瞬間接着剤(ゼリー状)をたっぷり付けて固定させる事で、その不安定な症状を回避しています。



実はこのクリンコフ、コンプリートに近い状態でハンマーズさんから購入しているので、INOKATSUのボディーも一般で売られているものとは違い、ハンマーズさんで丹念に磨かれた状態となっています。

何と言うスポンジタワシ(住友3M製の・・・??)か失念してしまいましたが、何度も何度も磨き上げる事で、使い込んだ感のある質感が出ています。
(セレクターのみ後付している為、レシーバーとの質感の違いが際立っているのがお分かり頂けると思います)


グリップ・スクリューは今や定番?!となったPDI製の「鋼鉄 グリップスクリュー」に付け替えています。うーん・・・、チョーマニアックなカスタムパーツだ・・・^^;
AKの事ならアラブログ!というくらいに定着した感のある明日香縫製さんとのコラボレート商品との事で、結構売れているそうです。たかがネジなのに、何ともこだわりのある商品ですね・・・。
鋼鉄 グリップスクリュー - X-Fire
AKグリップスクリューEX - アラブログ!


AKのマガジンはゴツイので、こうしてマガジンを取り外した状態のクリンコフが一番スタイリッシュに見えます。
慌ててシャッターを切った為、マグポーチに刺さっているAKマガジンのRが、普段右利きで使っている向きと逆になってしまいました。


フォールディングストックを伸ばすところ。ストックの内側が結構鋭利になっているので、咄嗟に勢い良く広げる時には素手で行うと手を切ってしまいそうです。

レンジャーグリーンのCIRASの左脇腹には、先日より何度かご紹介しているマイブームのMossy Oakのポーチを初めて装着させてみました。Kifaru別注品のこのMossy Oakのユーティリティーポーチはお気に入りです^^


「Comparison of Steel Mag for AK」の際にご紹介したG&P製ロシア/ユーゴタイプのAKマガジンを装着させるところです。
●過去の関連記事:Comparison of Steel Mag for AK

実銃のクリンコフでは、通常は5.45mm弾を使うそうですが、PMCスタイルをやるには7.62mmの方がしっくり来るだろうという事で、アーセナルのクリンコフという事にしておけばOKでは?!との入れ知恵を頂きました^^;
●過去の関連記事:VFC AKS-74UN クリンコフ&GWS 850連マグ
Arsenal Inc,


先程触れたセレクターを赤丸で囲んでみました。
このセレクターのみ後付しているので、真っ黒のままです。元々は一般的なAK用のセレクターで、そちらですと全体と同様にきれいに磨かれていて使用感のある仕上がりでしたが、操作性を考えてこのINOKATSU製?のレプリカ「Krebs Custom MK IV Enhanced AK Selector Lever」のAKM/AK-47(BH-KCI-007-AKM)を選んでいます。見た目もノーマルよりゴテゴテしていてカッチョイイです。
Krebs Custom MK IV Enhanced AK Selector Lever - Blackheart International, LLC.


長さが短いこのK-Rail Model.2では載せる光学機器は何が似合うんだろう・・・と色々と考えてみましたが、やはりオーソドックスにEOTech551が一番良さそうです。
このEOTech 551は借り物なので、近い内にゲットしたいです。NV(Night Vision)モードの無い「511」なら比較的安く手に入るみたいですが、NVモード搭載の「551」根強い人気の為、中々値落ちしていません。
ちなみにこのお借りした551にはカバーの端に「F」の文字が印字された比較的新しいロットの省電力バージョンとなっているようです。
EOTech 551.A65/1 NSN 1240-01-485-0441


フォールディングストックを折り畳んだ状態でのマガジンチェンジは、意外と重たく感じます。
折り曲げられたストックの重量が前方に行く事と、もう1つの要因は、聞いた話によると、ストックを体に押し当てて密着させる事で重量の負担を軽減させていたのが出来なくなる為のようです。


VOLKさんのM4用ダブルマガジンポーチにAKマガジンを入れています。AKのマガジンは大きく、そしてRがキツイので場所を取りますし、何よりマグチェンが難しい・・・です。普段使い慣れていない事もあってか、マガジンチェンジがヘタクソでお恥ずかしい限りです^^;
実戦なら、とっくにヤられていますね・・・。


レイルを装着し、その上に光学機器を搭載する事で、一気にタクティカルなイメージとなったマイKrinkov。


M4一辺倒だったので、このテッポーも、もっと使っていきたいと思います。
Posted by ahahamaster at 13:37│Comments(6)
この記事へのコメント
AKいいですねぇもう明日にでもマルイのクリンコフに
手を出してそうな自分がいますw
M4の方が好きなのですがなんかみんな持ってたりカスタムしたら余計
金かかりますから個性的でブローバックのAKがほしいのですよ~
まだ買ってもないのでわからないんですがマルイの方は
他社のレイルハンドガードとかつけれそうな感じでしたか?
自分も無駄にレイルカバー持ってますからつけたいのです
Posted by エイブラムス at 2008年07月23日 17:46
エイブラムスさん、こんにちは~^^
コメント有難うございます。

マルイさんの新作AKS74Uは主要な外装パーツの殆どが互換性が無いっぽい感じです。(多分ハンドガードも新規パーツになるんじゃないでしょうか。)

フィールドで東京マルイ製電動ガンのAK74MNやAKS74U、そしてWA製のM4A1・・・とブローバックモデルが増えて、カタカタと賑やかな作動音を響かせていますね。

他人のを見ていると欲しくなってしまいます・・・。本体そのものだったらまだしも、予備マガジンや結局はカスタムパーツが欲しくなり、果てはそれ専用の装備まで揃えてしまいたくなるので、かなり余分に予算をみておかないといけないですもんね。

たまにはAKを持って気分転換するのもいいですよね^^
Posted by Lumino at 2008年07月23日 18:01
こうしてみるとSOPMODプラットフォーム付きのAKもクールですね。
AK47 or AKMベースのタンカーモデルもあるそうなのであえてプラスティックマガジンでなくてもいいかもしれませんね。
というか、メタルの方がAKの持つソリッドなイメージにピッタリ合って私は好きですね。

加えてMARUIの次世代モデルであるAK74Uよりも従来のAK47ベースでカスタムした方がバッテリー収納場所に困らなそうなのでこのカスタムは私にビビッと来ちゃいました。(笑)

でもSYSTEMAトレーニングウェポンもこんなアイテムが出たので・・・。(汗)
ttp://gunshop-fox.jp/SHOP/DY-REC02-BK.html

くぅ、このスタイルが一番好きなのにー!!
コレは…やはり私に対してMARUIのモデルではなくSYSTEMAを買え、という事なのか…。
Posted by たっか at 2008年07月28日 00:11
たっかさん、こんにちは。
コメント有難うございます^^

おっしゃるとおり、スマートなM4とは違い、AKらしいソリッドなイメージが強調された感じとなって、自分自身でもかなり気に入っています^^

それにしてもトレポンパーツ、ここ最近急にラインナップが増えてきましたね~。

実物VISを加工して取り付けるのではなく、あくまでもトイガン用として始めから加工されているものの方が、買う側としても色んな意味で気がラクですし。

これは恐らく、考えておられるとおり、トレポンを買う運命になるのですよ、きっと!笑
Posted by Lumino at 2008年07月28日 14:24
はじめまして。
自分も先日、友人に頼まれK-Rail Model 1 を輸入したのですが、友人に渡すのが嫌になってしまいましたw
実物パーツはやっぱりいいですね!

あと質問なんですが、当方AKの7.62mmのマガジンを持ってないのです。
リアルさを取るならば、どのメーカーのマガジンがお勧めでしょうか?
RSは除いてですがw
Posted by あぶるっち at 2008年08月01日 22:25
あぶるっちさん、初めまして、こんにちは~^^
コメント有難うございます。

コメント反映とレスが遅くなってしまってスイマセン・・・。

私が使っているものは、下記URLにあるようなG&P製のものとなります。
http://ahahatv.militaryblog.jp/e25206.html

本物のマガジンと実際に見比べた事があるわけでは無いので、真の意味でリアルかどうかは分からないのが本音です^^; が、雰囲気はいいですよ。
なので、なかなか気に入っています^^
Posted by Lumino at 2008年08月07日 12:22
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。