2012年05月14日

Hana and Haniwa

新生活から1年が経ち、すっかり取り巻く環境が変わってきました。・・・いやいや、まだまだ大きなイベントが控えているハズ・・・。

それにしても落ち着きませんね、毎日の生活が。どこか気持ちに余裕が無いというか、慌しい限りです。

大の苦手な寒い季節が終わり、ようやく暖かな春の季節の到来。ここ数日は冬の間に使っていった毛布を押入れから引っ張り出さないといけないくらいに肌寒い日が続きましたが、暦の上では紛れもなく「春」です。

我が家の庭には、昨年夏にわんさかと茂っていたゴーヤが嘘のように形も無く、ツルをしがみ付かせる為に用意した骨組みだけが寂しく残っています。
GW入ったころくらいの陽気に誘われ、昨年の今頃に仕掛けていた巨峰が、冬の間に蓄えていたパワーを一気に噴き出して青々とした若葉を天に向けて広げてきました。「あ、もうすぐそこに夏の気配があるのかな」と感じるほどに力強さを感じます。


近所の田畑には、休耕地を利用して蓮華が植えられていました。一面がピンクに染まり、観ているだけでも気持ちが晴れやかになります。
一面埋め尽くす蓮華の群生には、どこからともなくその蜜の匂いに誘われて様々な昆虫が集まります。一番多くいたのがミツバチ。花から花へ、書き入れ時とあって忙しそうです。


母の日ということもあって、久々実家へ戻ると、我が家の庭とは比べ物にならないほどに沢山の植物が植えられていました。こんなに一杯植えていたんだー、と改めて感じます。


幼少の頃から、庭と近所を少し歩き回れば、生き物相手に遊ぶことに不自由しませんでした。兄の影響もあってか、「遊び」と言えばもっぱら「昆虫採り」であったり、「魚釣り」でした。


我が家の実家の裏庭には、不思議な植木鉢が幾つかあります。その1つがこれ、どうみてもヘルメット・・・です。戦前生まれの父の口癖は「勿体無い」、「まだ使える」・・・。
何でも工夫して使えるようにする、あの器用さは見習いたいものです。

両親と嫁と私の4人で珍しく、近所に新しく出来た歴史施設を観に行こうということに。
今から25年くらい前でしょうか、毎日のように遊びにきていたこの場所は、歴史的にも価値ある古墳。
どこにどんな形の木が生えていて、池のどの辺りにザリガニの巣がある・・・とか、全ての「スポット」を明確に覚えていました。私のガキ時代の一番の思い出スポットが近年、すっかりと公園化されて整備されていました。

近代的なキレイな施設になっていて気持ちがいい反面、どことなく寂しい気持ちにもなります。


前方後円墳の形状をとどめているこの場所では、クヌギを中心とした雑木林の形成がなされ、今尚自然を残しています。
すました表情のこちらはアヤメ科の多年草「シャガ (射干) 」。少し散歩してみると、こんな草花があるので楽しいです。

実は最近、草花や鳥の写真を撮るのがマイブーム。とりわけ超望遠レンズを手に入れて以来、バードウォッチングに行きたくて仕方ありません。


古代中国・兵馬俑のような佇まい。再現された埴輪や土器が並べられ、時空を越えた神秘的な空間が演出されています。


むかーし、むかしから、人間は武装していたんですね。埴輪の手にはしっかりと剣が握られています。
Posted by ahahamaster at 17:26│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。