2008年08月12日

Trichiurus lepturus

北京オリンピックがいよいよ開催となり、連日の熱戦に感動しています。

内柴選手や北島選手の金メダルだけでなく、惜しくも金メダルに届かなかった選手、そしてメダルに挑戦したにもかかわらず、予選で敗退してしまった選手などなど・・・、日本人選手が出場している全ての試合をくまなく観戦しています。

月並みとなってしまいますが、北島選手の金メダル、本当に素晴らしかった!レース直後のインタビューで、当初タオルに顔を埋める姿に、彼がここまで到達するに当たっての並々ならぬ努力や苦労が走馬灯のように駆け巡っている姿に、感動の涙を誘われました。

久しく涙を流すことをしていませんでしたが、この数日の日本人選手を中心とした活躍に、感動の涙を流すことが多く、涙腺が緩みっ放しです^^;

五輪選考に残り、日本代表として日の丸を背負う事ができるだけでも凄い「偉業」とも言えるのに、世界中から選び抜かれた選手たちと戦う日本選手に誇りを持って応援したいです。

がんばれ!ニッポン!


さてさて、本題ですが、今回もミリネタ無しの投稿です。

暑さにやられて、一向にサバゲに行く気が起こりませんw

この季節に楽しんでいるのは「釣り」です。仲良くさせて頂いているお取引先の社長さんと一緒に海釣りに行ってきました。


お恥ずかしながら、海釣りは殆ど経験がありません。ご一緒させてもらった社長さんは大の釣り好き。学生時代は年間の3分の1を釣りしながら放浪していたそうですw

ということで、場所選びから道具の準備まで、ほぼ全てお任せ~♪で、至れり尽くせりの釣りになりました。


ここ数日続いていたゲリラ豪雨。文字通りの夕立となり、夕方から荒れる天気が気掛かりでしたが、西から変わる天気も大よそ晴れていたので、少し安心・・・。

行き先は大阪からすぐの武庫川沖の一文字。武庫川河口に東西4kmに伸びる長大な防波堤です。
上記写真は武庫川から発つ際に、陸側を写した写真。夏らしい大きな入道雲が素敵です。


渡船を使ってイザ!出発~。テンション上がりまくりです^^
渡船って意外とスピードがあるんですね~、想像していた以上に速かったのでビックリでした。


今日の狙いはサビキでアジと、運が良ければタコ、そして最後はタチウオ釣り!
と言うことで、前日までの付近の釣果を元に、渡船の大将へお聞きしたところ、4番が最適との事で案内してもらいました。

4番波止には写真のような砂利運搬船?がたくさん停泊していました。渡船と比べると大きい~・・・。中々の迫力です。ドックに停泊中の戦艦ぽくも見えなくない?!

早速サビキ釣りを開始~。


釣れるわ釣れるわ、アジが入れ食い状態で釣れまくりです~^^
仕舞には、カゴにアミエビを入れずに、針だけでも爆釣してしまいましたw
波の合間に見え隠れするアジの大群!その中へ放り込めば、まるで鯉のぼりのように5連の針全てにアジが掛かっています。

あまりの多さに、釣果を数えていませんが、恐らく2人で100数十匹は釣りました。


夕方近くまでアジ釣りを楽しみ、タコ釣りに苦戦した後、お待ちかねのタチウオ・タイムに突入!周りの釣り人も一斉にサビキからルアー釣りに仕掛けを変えていました。

今回選んだ仕掛けはこちら。ワームにジグヘッドリグを付けたシンプルなもの。水の中では、まるで生き物のように動く姿に感動してしまいます。よく考えられているな・・・。


何度かキャスティングをしている中でようやくゲット!この日、一発目のタチウオをゲット。(←残念ながら私ではありませんでした・・・^^;)


何尾か先を越されて、ようやく釣りの神様がこちらに微笑んでくれました。初めてのタチウオをゲット!会いたかったよー。
お世辞にも大きい太刀魚とは言えませんが、キラキラとメタリックに光るその姿を自分の手で釣り上げられて嬉しかったです。

せっかくのミリブロなので、少しミリネタにも触れて・・・、
キャップはVolkさんの新作キャップをすかさず購入。既にショップさんのブログを始め、いくつかのブロガーさんの記事でも取り上げられているように、かなりカッチョイイです。もちろん造りもしっかりしていますし、ハナからグッドシルエットになっているのもGood Job!

TシャツはAimpointのコマーシャルものです。フロントには何やら英字のようでそうでない言葉が書かれています。何て書いているのかは分かりませんが、Aimpointがスウェーデンなので、そっちの言葉だとは思います。

半ズボンはWoolrichのもの。かなりダボっとした感じで穿いているので、涼しいです。ポケットが沢山用意されているので、ライトやツールナイフなど釣りやアウトドアシーンでも活躍しそうです。

話題を元に戻し、タチウオの釣果はというと、2人で10尾程度でした。行きの船頭さんによると、前々日こそタチウオの釣果があったものの、前日はあまり芳しくなかったそうでしたので、この釣果は周りで釣っていた他の釣り人の釣れ具合からも、中々良かった方だと思います。


2人で山分けし、早速実家に持ち帰り、腸(はらわた)を出して一通りの下準備を行いました。
持ち帰った分だけでも、アジが50尾程度、タチウオ4尾あったので、頭を落として、内臓を取り出して、背骨を取って・・・という作業も中々の重労働でした。

これだけの量の生魚を一人で捌いた(さばいた)ことは無かったのですが、流し台や、まな板の上がちょっとしたホラー映画のような状況になっていました^^;

この日のアジは小型のものばかりだったので、鱗(うろこ)の処理が必要なかったのが幸いでした。


一方タチウオはというと、あまり手間が掛からず楽チンなサカナでした。
タチウオは体表に鱗がなく、その代わりに全身が銀色に輝くグアニン質の層で覆われています。そのため、ぶつ切りにする際に木製まな板の上がキラキラと光り輝いていました。
タチウオ - ja Wikipedia


親戚にも少しおすそ分けし、出来上がった料理はフライです。
釣ったばかりの新鮮なお魚はオイスィー!アジはホクホクとしてふっくらとした食感。タチウオは甘味の効いた白身が美味でした。


地図はこちら
Posted by ahahamaster at 12:03│Comments(2)
この記事へのコメント
イイデスネ!
美味そうですね!

沢山釣れると、釣りの魔力にドップリと浸ってしまいますネ。
ミリタリー関係に勝るとも劣らず、釣りも凝り出すと途方もなくお金がかかってしまいますが、それを跳ね返すばかりの醍醐味が味わえて、ついつい没頭してしまいますネ。
・・・趣味の世界は皆同じなんでしょうけれど。。。

因みに、太刀魚の体表の銀色の成分は、女性用化粧品の高価な原料として使われてもいるそうです。

帽子、カッコイイですね。
物欲と言う炎がメラメラと大きくなってきました!!
Posted by ナカパパ at 2008年08月12日 13:39
ナカパパさん、こんにちは~^^
毎度コメント有難うございま~す!

はい!美味しかったですよ~♪

もう既に釣りの魅力にはまりつつありますね・・・。元々アウトドアな遊びが好きなので、いつハマってもおかしくない状況でした^^;

次はフローターを使って山奥のダム湖でバス釣りしたいです。

太刀魚の銀色の成分、なるほどですね~。すごく綺麗にピカピカと光っていましたが、そんな用途にも使われているんですね。
この手の豆知識情報はすごく有難いです!得した気になります^^

夏を思う存分に満喫する為に、サバゲ以外でも、もっといっぱい遊びに行きたいと思います!
Posted by Lumino at 2008年08月12日 14:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。