2008年08月22日

USMC MSA MICH2000


MSA製MICH2000。海兵隊っぽく、全面TANカラーが印象的なヘルメットです。特殊部隊支給タイプの特徴と言われる3ホールマウントが標準装備されています。
特殊部隊モデルのこのヘルメットでは、付属するNVマウントが4,5種類あると言われているそうです。

フロントにナイトビジョン装着用のマウントが取り付けられている他は、サイドにSTREAMLIGHT社製SIDEWINDER(サイドワインダー)が取り付けられるように、専用のマウントが装着されています。
STREAMLIGHT サイドワインダーミリタリーLEDライト用ヘルメットマウント - GATE1


Photo by James E. Brown of 1st Sustainment Brigade
このUS Army隊員の胸にはSTREAMLIGHT社製SIDEWINDERのCoyoteが装着されているのが分かります。
サイドワインダーとは、砂漠などに生息するヨコバイガラガラヘビの事を指し、横方向への動きをする事が特徴だそうで、それ故に動く速度が遅いそうです。
ヨコバイガラガラヘビ - ja Wikipedia

また、サイドワインダーといえば、米軍が開発した短距離空対空ミサイルのAIM-9ですね。赤外線探知による追跡システムで飛翔し、独特の蛇行した軌跡を描く事から「サイドワインダー」の愛称が付いたそうです。
サイドワインダー(ミサイル) - ja Wikipedia


U.S. Navy photo by Journalist 2nd Class Elton Shaw
ネイビーの爆発物処理隊:EODMU-4(Explosive Ordnance Disposal Mobile Unit Four)が簡易爆発物:IED(Improvised Explosive Device)の最終評価段階で廃棄処理の訓練を行っている様子。

この写真のNavy EODMU-4隊員が被るヘルメットと比較すると、フロントにはマウント装着用のホールが用意されておらず、一般兵用に支給されているMICH2000(Gallet製?)と思われます。


サイドからの写真です。
トリミングの関係でSTREAMLIGHT SIDEWINDERが切れてしまいました・・・^^;
横からのシルエットからもMICH2000の系統となっている事がわかります。

この機会に詳しい方へ色々と質問して回り、勉強中なのですが、当初てっきり「2000年度のモデルのヘルメットをMICH2000」と思っており、MICH2001、MICH2002はその翌年、更に翌々年のモデルなんだと・・・。
実はコレ、違って、単に型式をあらわしているだけだそうです。


背面からの写真。
縦長に切り取ったベルクロをセンターに貼付し、ACR MS2000M STROBE LIGHTを装着させています。
ACR MS2000M STROBE LIGHT MILITARY - Aggressor Group


Photo by Sgt. Andy Hurt
昨年夏に行われたOperation WATERFRONTの模様。
Navyの河川戦隊と第13MEUが、共に協力して対抗勢力との交戦を想定した訓練に参加。

写っている隊員がオトコマエというのもあるかもしれませんが、こうして見てみると、ヘルメットってカッコイイ~と思いますね。


Photo by Lance Cpl. Kevin M. Knallay
沖縄のキャンプ ハンセンでダイナミックエントリーによる訓練の模様。

M40ガスマスクにCWU-27PらしきNOMEX フライトスーツといういでたちにTANのヘルメットが似合っています。
M40 Gas Mask - ILC Dover LP
CWU-27P Nomex Flight Suit - www.special-warfare.net


Photo By Cpl. Nathaniel Sapp
Camp Pendletonでの拳銃射撃訓練の模様。訓練に参加中の隊員が9mm弾を詰めている様子。

今まで紹介したTANのヘルメットよりも色が薄いです。少し薄い色合いのTANカラースプレーを吹いたオリジナル仕様となったヘルメットのようです。


U.S. Marine Corps photo by Corporal Seth Maggard
Operation Iraqi Freedom=イラクの自由作戦で展開中のアメリカ海軍 連隊戦闘団(Regimental Combat Team)チーム5。このEOD(Explosive Ordnance Disposal)隊員はMetal Detector(金属探知機)で武器が落ちていないか調査中のようです。

後頭部にベルクロが配備され、サイドにはSUREFIRE社製ヘルメットライトHL1が装着されているのが分かります。


Photo by Lance Cpl. Richard Blumenstein
沖縄Camp Hansenで行われたM40ガスマスクを装着した状態でのM4カービンの取り回し技能訓練の模様。

ガスマスクも最近マイブームです。ガスマスクを装着した状態で動き回るのは、想像以上にストレスが溜まるそうで、訓練や実戦で余程慣れていないと、とてもじゃないけどこの状態で行動することはできないそうです・・・。
それにしても見た目の威圧感はハンパじゃなく凄味がありますね・・・^^;


今ヘルメットについて少しずつ勉強中なのですが、教われば教わるほど、調べれば調べるほど、頭の中が混乱してきました・・・^^;
あまりにも奥が深い・・・。ということで、あまり突っ込まず、うわべだけをサラっとにしておき、広く浅く知ることが出来ればなぁーと思う次第でごわす^^;
Posted by ahahamaster at 14:36│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。