2012年07月26日

Hiroshima: Kure Naval Arsenal 4

入船山での見学を後にし、バスに乗車して向かったのは海上自衛隊 呉基地 でおこなわれる護衛艦の一般公開。既に何度か護衛艦の一般公開には行った事があるので、今回の広島旅行においては若干優先度低めで考えていました。もっと他に、呉ならではの観光スポットを周ろうと考えていたわけですが、ところがどっこい、その考えは全くもってナンセンス!! 間違いであることをスグに気付かされたのでした・・・。


受付で簡単な見学申請を済ませて一般公開がおこなわれているFバースへ。1隻や2隻ではありません、何隻あるの?っていうくらいにグレーの軍艦がそこらじゅうで停泊しています。凄い光景・・・。

で、こちらの写真は手前から自衛艦旗を掲げた掃海艇「あいしま」(MSC-688)、掃海艇「いずしま」(MSC-687)と、奥は護衛艦「さざなみ」(JS Sazanami, DD-113)。


左から「いずしま」(MSC-687)、「あいしま」(MSC-688)、「みやじま」(MSC-690)。


護衛艦「さざなみ」(JS Sazanami, DD-113)。


護衛艦「さみだれ」(JS Samidare, DD-106)。


うーん、何だったっけなーこの船。スイマセン、名前が思い出せません。


左手前が訓練支援艦くろべ(JS Kurobe, ATS-4202)で、右奥も同じく訓練支援艦のてんりゅう(JS Tenryu, ATS-4203)です。


てんりゅうの奥を見てみると、潜水艦の姿が!! うぉーーテンション上がります!!


(当たり前ですが・・・)滅多に見ることの無い潜水艦を、しかもこんなに目の前で見れるのは呉ならでは。


別のところには更に近く、もう手が届いてしまいそうなくらいに最接近で見ることができます。


そういえばこの前、原子力基本法の改正が通過し、「安全保障に資する」の一文が付則され、原子力の利用ができるようになりました。あれはやっぱり原子力潜水艦の製造が一番現実的なのかな・・・なーんてことを勝手に想像していました。




この日、一般公開となったのは練習艦 しらゆき(JS Shirayuki, TV-3517)。写真は62口径76mm速射砲を間近に撮影したもの。
海自広報の方曰く、「練習艦」とは言うものの実際の護衛官と兵装などの遜色はなく、そのまま実戦で投入できるような艦艇なんだそうです。







Posted by ahahamaster at 13:46│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。