2008年09月10日

Magpul PTS PMAG for Airsoft

Magpul製品の輸入卸元、Access OverseasさんのホームページでPMAGのトイガンバージョン・リリースの発表から久しく待っているところです。
Magpul PMAG for Airsoft - Access Overseas
私を含め、アンダーライセンスによるPMAGは待っていた人も多いと思うので、値段にもよりますが、これは売れるんでしょうね。

また、このエアソフト用PMAGについては、STAR AirsoftのページにもMagpul Authorizedとしても紹介されています。
Magpul PTS PMAG 30 Rounds Magazine Box Set - Black
自分のお目当ての商品が製品化されていくのは楽しみな反面、待ち遠しくて仕方ありません。

米軍サイトのフォトギャラリーを巡回していると、Armyのページでカッチョイイ写真を見付けました。

U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Mike Meares
イラクのAL MUWAFFAQIYAHに駐留中のU.S. Army Civil Affairs(アメリカ陸軍民生部)チーム621のメンバーが街の医療機関付近をセキュリティーチェックで巡回。イラク軍と米軍はこの街を医療と人道の側面で訪れているそうです。

ACUのコンバットシャツを着込んだこの兵隊さんが手にするM4Carbineには、Magpul PMAGのDark Earthが。そして同じくPMAGのDark EarthがCIRAS MAR のM4マグポーチにも突き刺さっています。まるでMagpul社の宣伝かのように・・・^^;
ストックもMagpul CTRストックのようにも見えますが、よく分かりません・・・。

Knight's製RASの右サイドレイルにはITI M3X Tanが取り付けられています。また、RASに装着されているフォアグリップはTANGODOWN製Battle Gripとなり、、ピストルグリップも同じくタンゴダウン製のものに取り替えられているようです。

CIRAS MARに付いているポーチ類の殆どは同じくEAGLE製のもののようで、左脇腹のものがSpec-Ops製のもののように見えます。アドミンの横にあるポーチには止血帯CATを収納しているようです。
ヘッドセットはMSA SORDINらしく、スイッチはNEXUS製のものになっています。

ヘルメットの塗装具合もいい味出してますね。フロント付近に行くにつれて網目の模様がハッキリとなるようなグラデーションっぽくなっています。意図的にやっているのかどうか分かりませんが、そういうところを真似たくなります^^;
また、このヘルメットのチンストラップはHead-Loc製のカスタム品に取り替えられているようで、顎付近の角度から後頭部でクロスする「X」タイプのものであると推測されます。
●過去の関連記事:BAE Systems Warrior Mid-Cut
身に着けている装備の豪華さからも、一般の歩兵とは明らかに違う装備なので、この兵隊さんはグリーンベレーっぽい気がします。

Mechanixのメッシュ地のグローブなんかもカッチョイイですね。確かこのモデルはウォーリアーズさんでも取り扱いがあったハズです。

Photo courtesy of Military Blog
・・・ということで、早速ミリブロさんところのショップ訪問レポートを遡って調べてみるとありました^^
WARRIORS訪問 - ミリブロNews


Photographer: J. B. Jaso III : 2nd Stryker Brigade 25th Infantry Division
イラク バグダッドの北東に位置するSubak Surのコミュニティーで違法な武器が車に仕掛けられていないか目を光らせているMND(Multi-National Division)を構成する隊員の1人。

普及が進むMagpul Industories社製のPMAGは、斬新なデザイン面ばかりに気を取られがちですが、実際問題で現行(もはや旧型?)のM16/M4マガジンと比較しても確実な給弾性能に定評があるとの事です。
現行のノーマルマガジンでは、5.56mm弾が水平でない状態で弾を押し込む事が出来てしまい、給弾に悪影響を来たす事も予想されますが、PMAGでは確実な水平状況を保つよう設計されていると言われています。
また、外装をポリマー樹脂に頼り、外圧からは強化リブの多用によって耐久力の向上を実現しています。外から見ても残弾状況が目で見て確認できるよう、窓が取り付けられたモデルも出始め、人気が出ているそうです。



※写真中の5.56mm弾はダミーカートです。
ところでまたPMAGの話題に戻しますと、せっかくトレポンをゲットしたので、トレポン用のPMAGがアンダーライセンシーで出て来て欲しいものです。
先日ご紹介したMagpul Ranger Plateの取り付けのように、中身を一旦取り除いて、ガワをPMAGに入れ替えて加工する事で、トレポン用のPMAGを用意しているゲーマーさんが居るとの事を聞きましたが、とてもじゃないけどそんな難しそうな作業は、私に出来そうにありません^^;


色々とメーカーさんやショップさんのサイトをチェックしていくと、次々に発表される新商品情報に目移りしまくりです・・・。最近、個人的にヒットしているのが、台湾Dynamic Starからリリース予定の「ハンガリーAMD-65」。
ハンガリーAMD-65 - Dynamic STAR Blog

これは以前にハンマーズさんでフルカスタムとしてオーダーメイドされていたテッポーで、そのちょっと特異なスタイルが妙にツボにハマってしまいます。
私の感性がちょっと変なのかもしれませんが、私にはAMD65は「ヒゲナガカワトビケラ」の幼虫に見えて仕方ありません・・・^^;
ヒゲナガカワトビケラの幼虫 - Google Image
↑若干グロイ姿をしている幼虫なので、お食事中の方や、そういう類のものが嫌いな方はクリックを控えて下さい(汗
Posted by ahahamaster at 20:39│Comments(3)
この記事へのコメント
PMAGですが、もう販売しているショップもあります。スター製の方は10本セットで売ってましたが、もう売り切れてました。でも1個千円で販売してるショップもあります。アクセスさんのは、PMAG、レンジャープレート、ともかなり安くなってました。是非探して見て下さい。私も注文しました。
Posted by 情報屋 at 2008年09月12日 22:58
どうもです。前回のスター製のPMAG、先ほど注文したショップをのぞいたら1本850円になってましたです。
Posted by 情報屋 at 2008年09月13日 07:48
情報屋さん、初めまして、こんにちは~^^
情報有難うございます。コメント反映が遅くなり、申し訳ございません。

そうですか、もう既に販売開始になっていたんですね、知りませんでした。早速探してみようと思います。

1本1万円近いガスブロのM4と比べると、しかも値段も手頃なようですね^^;
Posted by Lumino at 2008年09月16日 11:35
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。