2012年11月05日

Blue Swimming Crab

この1週間ほどで急激に冷え込んできました。朝起きると、布団から抜け出せなくて困ります。1年で最も苦手な季節です・・・。
でもこれからの季節に楽しみなこともあります。それは冬ならではの食材。カニ、エビが大好きな私にってはこの季節、楽しみで仕方ありません。


そんな矢先、ふと先日テレビを観ていると、兵庫県たつの市で「ワタリガニ」がこれからシーズンを迎えるという内容が放映され、あまりにも美味しそうだったので、行ってみる事に。

せっかくだったので、両親にも「ワタリガニ食べに行くけど、行く?」と訊くと、「うん」と即答。


目指す料理屋を目前に立ち寄った「道の駅」では、早速ワタリガニが売られていました。


こちらは「シャコ」。見た目が「グロイ」と苦手な人も多いようですが、私は大好きです。じーっと時間を忘れてシャコの動きに見入ってしまいます。


道の駅で土産品を購入し、向かったのがこちら「まるよし」さん。事前にネット検索して予約して行きました。
活魚料理 まるよし


ホームページで調べてた時と印象が違って、中に入ると思っていた以上に広いお店です。


屋内には、近海で獲れた魚介が幾つもある「いけす」に用意されています。


ワタリガニも。


通された座敷の前には大きなお皿が飾られていました。


メニューには載っていない魚介類が多くあるとのことで、注文するのに迷ってしまったので、結局は「コースで」と・・・。
まるよしさんのすぐ横には漁港があるので、新鮮な魚介類が毎朝仕入できているようです。
お造りも甘くて美味しく頂けました。


地元名産シラサエビの塩焼き。丸かぶりで殻ごと食べると香ばしくて美味しいです。


ハモの酢和え物。梅肉とカツオ出汁の効いた酢が、ハモとピッタリの相性。ハモってこんなに美味しかったっけ?と思えた一品です。


こちらはコースとは別に注文した、この日のメイン「ワタリガニ」。「オン」と「メン」を1杯ずつ頼みました。
ただ残念ながらまだシーズン真っ只中というわけではなく、時期的に少し早いらしく、人気のメン(雌)は、子(卵)を持っていない場合も多くあるそうで、そればかりは開けて見ないと分からないとのこと。
一方のオン(オス)は、肉質がしっかりしているので、カニ身を楽しみたい方にオススメ。
そしてワタリガニと言えばそう、カニミソ。こんなに美味しいカニミソ食べたのは初めてかも!?というくらいにウマかったです。
取り寄せしてでもまた食べたいですね、このワタリガニは。


そしてこちらも絶品!!だった煮付け。ちゃんとお品書きを見ていませんでしたが、多分ハギだと思います。生姜が効いた煮物かな?と思って口にしたところ、まったく生姜の味がせず、なんとも言えない塩加減と全く生臭さの無い仕上げで、こんな美味しい煮付けも初めてです。
家族揃ってキレイに骨だけ残して美味しく頂きました。


異常なくらいにカニ好きの私を知っているヨメが気遣ってくれて、たくさんワタリガニを分けてくれたせいもあって、既にお腹一杯の状態・・・。大好きなカニを食べてお腹一杯になるなんて、幸せだなーと思いながらも、次に出されたおいしそうな唐揚げに箸が伸びない・・・。うーん残念。


窓からは湾内の景色が広がります。女将さん曰く、この漁港は古くからずっと同じ景観だそうです。


食後に付近を散策していると、何とも長閑な佇まいの街並みで癒されます。
Posted by ahahamaster at 16:06│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。