2008年10月15日

Systema PTW MP5A4 AEG

トレポンは1つ買うと更に次、また次・・・とキリがなく物欲を刺激してくれます。この調子でいくと・・・かなり怖いですね^^;
で、実際に自分もトレポンユーザーとなって思ったのが、当初抱いていたような粗い性能ではなく、かなり洗練されている気がします。


という事で今回は新たに手に入れたシステマ製のトレポンMP5A4です。
ちょこちょこと撃たせてもらう機会があったのですが、その試射させてもらう度に、ボディーブローのように、物欲の堰が崩れていた事に気付いた時には、完全なる「洪水」と化していましたw


私を含めて、まず最初に手にして誰もが思う事は、「重い」・・・です。実銃はどの種類も今までに海外で射撃したこともありませんので、当然MP5を手にした事もありません。スペック上の数値で言えば実銃の本体が3Kgちょっとで、システマ製トレポンが4Kgオーバーとの事です。実銃の重さにマガジンにフル装弾している条件が入っていないのであれば、それ程変わらないのかな・・・。うーん、でも相当に重いですよね。


重さは愛情でカバーするとして、グラスファイバーテイストのある固定ストックや、全体の剛性感、そして何よりも小気味の良い射撃感に惚れてしまいました*^^*
ノーマル状態でも十分にカッチョ良いMP5A4なのですが、今回はKnight's Armament製のRASを装着させ、マウントにはARMS(レプ)、オプティクスにAimpoint Comp M3を装着しています。

ちなみに、MP5用のアクセサリーで何か物珍しいものは無いかな~という事でネット上で探していたところ、HKのパーツのみを扱った専門サイトがありました。
HK Parts - HK Parts .Net
↑こちらのサイト、中々面白いパーツが掲載されているので、見飽きませんでした。


実際に試射してみると、空撃ちしていた時に感じた以上にイイっす!気にしていた重量感も然程気にならず、撃つ事ができました。
MP5A4らしく大きな固定ストックの中にラージバッテリーをゴソっと入れてしまえば、意外とフロント・リアでの重量バランスが整えられた感じで、重量そのものは変わらないものの、重みを感じにくくなっています。


内輪で流行中の「エアサバゲ」をしているところです。「エアサバゲ」? 何やら耳慣れない言葉ですが、部屋などでエアガン片手に成り切って構えを取り、しまいには相手がいるかの如く動いてしまう・・・アレです。
自分にしか見えない壁や障害物を避けて射撃する構えを取ると、それはもう立派な「エアサバゲ」。ついつい家でやっている自分がいます・・・ハイ・・・^^;


M16/M4のトレポンと違い、3バースト設定があるのが嬉しいです。バッテリーを完全に充電し、早速3バーストを試すと、驚くほどにサイクルが速い!ゲームに参加せずとも、この3バーストを試射しているだけで楽しかったです。


マガジンの先端にはMagpul製のマガジンアクセサリーを装着させていますが、これはあまり意味が無さそうでした。実際にマガジンポーチをアーマーに装着させてからその感想を改めて記したいですが、恐らくこれは必要なさそうです。
元々MP5用のマガジンは細長い形状なので、掴み易いですし・・・。


ここ最近しばらくは、M4ばかりを使っていた事もあって、久々のMP5を構えると、前後で支える左右の手のピッチがM4のそれと全く異なり、かなり違和感を感じます。そして固定ストックの長さが意外とあるので、体格が無い私にとっては、かなり前のめりな感覚に思いました。
ただ、個人的にはこのMP5の固定ストックは大好きで、ちょうど頬が当たる部分の緩やかで適度な窪み(カーブ)がいい感じです。M4には無い感覚ですね~。
Posted by ahahamaster at 20:08│Comments(2)
この記事へのコメント
SYSTEMA Co.CEO 吉田久美です。仕事の合間にネットサーフィンしていて、読みました。とても嬉しく、疲れが吹き飛びました。弊社製品は「撃てば分かる」性能だと思っていますが、このような感想をいただくと、感無量です。
日々精進し続けている製造スタッフに伝えますね。本当にありがとう!
Posted by 吉田久美 at 2014年09月29日 03:19
SYSTEMA 吉田様。
初めまして、こんにちは。コメント有難うございます。

古い記事なのでお恥ずかしい限りです・・・。

トレポンは色んな意味で所有意欲を掻き立てられる商品です。見て・触って・撃って良い!それが私のトレポンに対する印象です。

今後も更なる貴社の商品展開に期待しています!
Posted by ahahamaster at 2014年09月29日 10:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。