2008年10月16日

JSDF Camp Yao 54th Anniversary

行ってきました、人生初の駐屯地祭に。写真や映像ではよく目にし、耳にしていたのですが、実際に行くのはこれが初めてです。


行ってきたのは八尾駐屯地。
「八尾駐屯地創立54周年&中部方面航空隊46周年」と題した盛大なイベントとなっていました。
八尾駐屯地創立54周年&中部方面航空隊46周年


こんな光景を目にするのは高校の時以来です^^ 何となく雰囲気は学校のような感じでした。

「八尾駐屯地」は英語に直訳すると「Camp YAO」となり、「駐屯地」という単語が「キャンプ」と同等での扱いとなっている所以だそうです。これに対して、航空自衛隊などで滑走路を持つような場所は、基本的に「不動」である事から、「基地」となり、「Base」と訳されるそうです。


中部方面航空隊等が駐屯する陸上自衛隊の駐屯地である八尾駐屯地に勢揃いしたヘリコプター。実にその数、22機!
AH-1S、OH-1、OH-6D、UH-1H、UH-1J、UH-60が隊列を成して飛ぶ姿は壮観です。


渡り鳥が「く」の字になって飛ぶのと同じなんですねー。
この中には含まれていませんが、この他にCH-47JやAH-64Dといったヘリも後程登場します。


右の方にある格納庫へ順に着陸態勢となるヘリコプター達。低空飛行でゆっくりと速度を落とし、直線状に並ぶこれだけの数のヘリを見る機会があるのも、関西圏ではこの八尾駐屯地くらいだそうです。


こちらはUH-1H。ベトナム戦争モノ映画でよく見掛けるヘリ。ちょうど消火活動の技術を披露しているところ。地面に焚かれた発煙筒を上空から急行したヘリが消火する様子です。


こちらもUH-1。「頭の角」が特徴となり、UH-1Jとなるようです。
UH-1 (航空機) - ja Wikipedia


お次は仮想敵を用意した状況下での戦闘訓練の様子。赤い四角で囲ったところに敵役がいるという設定。
敵役との激しい銃撃戦を繰り広げる軽装甲機動車(LAV:Light Armoured Vehicle)。軽装甲機動車の車体上面ハッチには全周旋回可能なターレットと防楯付き銃架が設置され、車上する隊員が装備する5.56mm機関銃MINIMIまたは89式5.56mm小銃を据え付けて射撃しているようでした。
不運にも射撃中の隊員が撃たれた想定のようです。

後方より急遽駆けつけた高機動車から隊員が救助に向かい、軽装甲機動車の後部ハッチから負傷した隊員を引きずり出しているところです。


赤い四角枠の敵は執拗な攻撃を続ける中、残りの隊員が応戦し、その銃弾の嵐の中を負傷した隊員と共に後方で待機中の高機動車へ迅速に移動します。やっとの事で、高機動車へ辿り着き、負傷した隊員を押し込む様子が写っています。
でも・・・、よーく見ると実はこの負傷した隊員、人形でしたw
高画質のオリジナル写真で拡大すると、力なくダラーンとなっている様は、明らかに人形の様子です。


82式指揮通信車と74式戦車、そして右奥にはFH70 155mm砲が居ます。
戦車見るの初めてです^^ ラジコンとは比べ物にならない大きさ~(←あたまえ・・・)


「歩兵」が一斉に突き進みます。あ、兵隊じゃないんですよね・・・、自衛隊では^^;
「自衛隊」という名前をした立派な軍隊にしか見えません。ま、その呼称の体裁はどーでもいいですが・・・。
事実、こうした隊員の皆さんによって自国が守られているという現実を直視する良い機会だと思います。


ある程度突撃をかました後は、ピタッとプローンの姿勢へ。「第何ちゃら匍匐」とかいうやつですね。よく分かっていません。スイマセン^^;


155mm 榴弾砲FH70が火を噴いた瞬間を捉えました。この瞬間を捉える為に、一体何枚の無駄写真を撮った事か・・・。放送が流れているので、それに耳を傾けながら、今か今かと待つ間ずっとシャッターをオートで切りまくりです^^;
なので、後で見てみると、この直前の様子はまるでパラパラ漫画のように繋げて見ることができます。


UH-1Hからのリペリングの模様。めちゃくちゃ早いです。YouTubeなどで欧米各国の軍隊がヘリからの降下訓練をしている様子を観た事が何度かありますが、この日の隊員が披露したリペリングは激早です。聞くところによると、信太山駐屯地の隊員がこの手の技術に長けているんだとか。(覚え間違いだとスイマセン)


もういっちょFH70が火を噴くところです。八尾という場所柄、当然空砲ですが、物凄い発砲音に驚きました。撃つぞ~と分かっていても、思わず「うわっ」と声を出してしまう私は完全なシロウトくんです・・・^^; 何せ発射しているところを間近で見るのも初めてなので・・・。
話では聞いていましたが、空気の振動を肌で感じる事なんて、普段の生活ではそうそう無い経験ですもんね。いやー、貴重な体験ができました。

この他にも沢山写真を撮っているので、また頃合を見計らって投稿してみたいと思います。
Posted by ahahamaster at 19:59│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。