2013年12月26日

Peltor Gel Cups


寒さも何のその!サバゲー熱が収まりません。
ようやく自分の使い易い装備や、動き易いその配置などが分かってきたような気がします。うむ・・・ここまで長かったなー(遠い目・・・)。


それでもまだまだ、改善したいなーと思うところがあります。
中でも最近一番改善したかったのがコレ。Peltor Comtacタクティカル・ヘッドセット。


リング状の純正パッドはクッション性が良くないので、耳周辺の圧迫感を強く感じます。
新たに取り換えた専用のGelパッドだと、包み込まれるような柔らかさで、痛みを感じることが大幅に減りました。
(全く痛みが無くなるわけではないのですが、装着したままの状態が以前より断然に長くても大丈夫です)
Peltor Gel Pad / Aggressor Group


スリングも少しずつちゃんと使えるようになってきました。
お恥ずかしい話、今までまともにスリングを使えていませんでしたが、某所でインストラクターさんから教わり試してみたところ、ようやく使い勝手の良さを知ることができました。

顎から大よそ拳1個から1.5個分くらい離れたところに、銃のストックが来るような位置で吊り下げると良いとのことです。好みによって微調整の必要がありますが、大よそこんなもんだそうです。


タイトでフィット感を持ちつつも、利き手の左右に関係なく切り替えができ、ゲームでも実際に使えるようになりました。ホント、今更ですが・・・。




後はこの季節に、寒さをモロともしない超オススメの防寒着がこちら、SnugpakのSasquatch Latvian。カラーは大好きなMulticamです。Made in UK とのことで、かなり造りは大き目です。なので、普段日本サイズで購入しているものから、1サイズまたは場合によって2サイズダウンくらいで丁度。


SnugpakのSasquatch Latvianは、日本国内のミリタリーショップで結構取り扱いがあるようですが、幾つかのショップでは、店独自の「別注」を用意しています。ベルクロの付いているものはWIPさんの別注品で、こちらの写真のものはファントムさんの別注品。


細かく見れば、タブやファスナー、袖口などがそれぞれ異なる仕様になっているのが分かります。


どれくらい温かいかと言えば、真冬の寒空に放り出されても、これを着ていると布団の中に居るような居心地です。寝袋製造のノウハウが生かされているので、軽いのに温かい!素晴らしいアイテムをゲットできました。
Posted by ahahamaster at 19:25│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。