2009年02月09日

Tokyo Marui SOPMOD M4 AEG

話題の東京マルイ製SOPMOD M4を買いました~^^


こちらがそのSOPMOD M4を手にご機嫌のワタクシ。友人のゲーマーが先に購入し、早速、全塗装したのを拝見したのがキッカケ。見せて頂いたその塗装されたSOPMOD M4があまりにもカッコ良かったので、私も迷い無く購入してそのまま全塗装へ直行。
そして、せっかく全塗装したテッポーなので、装備はそれに合せてMulticamまみれにしてみました。


日の光が強過ぎて、写真がヘンテコになってしまっています。
友人はと言うと、早速もうショートバレル化していました・・・。早い・・・。純正の14.5"バレルを加工に出して切り落とし、ネジ溝を切り込んでもらい、Knight'sタイプのサプレッサーを装着させ、そちらも全塗装しています。


SATマガジン2009年3月号(通巻32号)に特集されていたSEALs隊員の使うM4のように、こちらも各所にナンバリングをマジックで書き入れています。

クレーンタイプのストックにはOperation Cardを貼り付け、上からラミネートまたは業務用の幅広な透明テープで覆っています。そして周囲をダクトテープでシーリングしています。射手がガンハンドリングしながらでも視認できるよう、Operation Cardは敢えて上下を逆さまにしています。
また、ストック右側に幅広の輪ゴムで止めているのはIRサイリュームです。

この2本のSOPMOD、まだ新品なのに、既に何回も使い込んだような風合いになっているのが、お気に入りポイント。肩肘を張らず一気にスプレーで吹き上げてしまえばOK。とは言え、最初はちょっと躊躇してしまいます・・・^^;


レール右側にはSUREFIRE製 SCOUT LIGHT / M600C-TANを取り付けています。
Magpul Dynamics(のDisc2だったかな・・・)でChris Costa氏が持つM4にもこのSUREFIRE製 SCOUT LIGHT / M600C-TANが取り付けられていましたね。
このTANカラーのスカウトライトについては後日改めてピックアップしてみたいと思います。


SEALsチックなイメージで遊んでみました。この季節のフィールドでは、場所にもよりますがMulticamの迷彩効果が中々に高く、面白いです。
真っ黒なテッポーだと銃本体だけが妙に浮き上がるのですが、これだけ塗装してしまえば、一気に溶け込んでくれているように思えます。


肝心の撃ち心地はと言うと、予想以上にリコイルのショックが大きく、しっかりと銃をホールドしていないと、フルオートでの射撃時にBB弾が明後日の方向に飛んでいってしまっていました・・・^^;

後は、今までのマルイ製電動ガンと違い、マガジン内の弾を打ち切るとトリガーが引けなくなるので、これも頭で分かっていても、実際にゲーム中で体験する意外とアタフタしますね。


タクティカル・リロードによるマガジンチェンジの様子。そろそろ弾切れ?となり、新しいマガジンを手にし、マガジンを交換しているところです。
この後のボルトキャッチを叩く動作をすっかりと忘れてしまい、「弾が出ない!」と慌ててしまったシーンもありました・・・。


さすがに実射性能に定評のあるマルイ製だけあって、飛距離・集弾性共に申し分ありません。ホップ調整がバッチリと合うと、6mmの弾がスーっと綺麗な弾道を描いて飛翔していく様が見え、思わずニンマリとしてしまいました。

SOPMOD M4、想像以上に楽しめます!コリャ~面白い。しばらくこのテッポーばかり使いそうです。
Posted by ahahamaster at 19:26│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。