2009年02月10日

US Mil Cold Weather Undershirt

この日の気温は11度。しばらく1ケタ台の気温が続いている中で、かなり暖かい1日となりました。とは言え、ゴルフ並に朝が早いのがサバゲー・・・。しっかりと寒さ対策をする為に、中に着込んでいきました。


今回インナーウェアとして持って行ったのがこちらの写真の防寒着。「WIND CAP KNITWEAR, INC.」の「Cold Weather Undershirt」で、「Polypropylene Zip Turtle Neck Shirt」というモデルです。
ECWCS (Extreme Cold Weather Climate System) Cold Weather Undershirt / Polypropylene Zip Turtle Neck Shirt - WIND CAP KNITWEAR, INC.

アメリカ陸軍や海兵隊など米軍の各軍でECWCS (Extreme Cold Weather Climate System)として官給品になっているインナーウェアです。写真のものは、現在の最新バージョンと言われるLevel3のGeneration3となるモデルのようです。材質は100% Polypropylene。比較的厚手になっており、ネーミング通り、非常に暖かいのが特徴。高分子化合物のポリプロピレンを使用している為、安価で大量生産ができ、何よりも最も特徴的なのが、化繊の中で最も比重が小さいという点。
一方で、摩擦や熱といった物理的な刺激に弱く、写真のように両腕に皺が入り易い点や、擦れによる毛玉が出来やすいという点が気に掛かるところです。
ポリプロピレン (polypropylene) - ja Wikipedia


フロントのジッパーはHalf Zipタイプとなっていて、首元は襟丈が十分にあるので非常に暖かくなっています。
肌着として今回もUnder ArmorのCold Gear ODを着用。肌にフィットして暖かいのは良いですが、締め付けがかなりキツイので、長時間の着用は避けたいです。この日のゲーム終了後は真っ先にUnder Armorを脱いでルーズなTシャツへと着替えました^^;


U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Chris Henry
ブルガリアのSailorにアンカーの装着を説明する米軍隊員。
この隊員の首元を見ると、このインナーウェアーと似たシルエットの着衣が見えます。
このウェア自体は安価で放出されており、私が購入したガレージオガワさんでは、確か2,000円程度だったと思います。
米軍払い下げ品 - ガレージオガワドットコム

また、この「WIND CAP KNITWEAR」社のものよりも薄手ですが、類似のシャツも同じくガレージオガワさんのところで購入しました。(残念ながら今回は写真を撮っていません・・・)
Light Weight Cold Weather Underwear Set (LWCWUS) - All About US Military
ECWCS Polypropelyne - US Elite Gear COM
LWCWUS(Light Weight Cold Weather Underwear Set)の内、上半身分のみを購入しましたが、こちらも先述のWIND CAP KNITWEARの「Polypropylene Zip Turtle Neck Shirt」と同様にカラーはCoyote Brown。CBのカラーからも想像されるようにUSMC(United States Marine Corps)に官給品として広く普及しているものです。こちらのシャツ、素材は100% Polyester(ポリエステル)となっています。ポリエステルの特色としては、耐熱性、強度が優れている為、ペットボトルを筆頭に、衣料品としても幅広く普及している化繊です。
ポリエステル (Polyester) - ja Wikipedia



そしてもう1つ防寒対策で最近愛用しているのがこちらの写真の赤枠内にあるネックウォーマー「GAITER, NECK」。こちらも米軍での官給品になっているものです。素材はポリプロピレンが90%で、残り10%が「Lycra(読み:ライクラ)」となっています。
LYCRA® fiber is a trademark of INVISTA.
このLycraはINVISTA社の登録商標となっており、優れたストレッチ性を持つ化繊の1つ。通常はLycraを単独で用いる事は無く、他の化繊との混用で使われます。まさにこのネックウォーマーの使用用途にピッタリの素材を2つ混用しているという事ですね。

米軍フォトギャラリーやミリフォトの写真を見て回ると、このネックウォーマーを活用している兵士たちの写真が数多く掲載されています。
人間が最も体温の変化を感じる箇所の1つが首元。体温により暖められた血流が動脈を通るので、首元や脇、股間といった箇所の保温対策は体温の急激な低下や上昇を防ぐに当たって非常に重要な箇所といえるでしょう。それゆえに、こうした首元の保温を行うアイテムは意外に重要なのだと思います。


Photo Courtesy of U.S. Airforce
米軍の各部隊はアフガンでの支援任務を遂行する為、アメリカ空軍の基地があるKyrgyzstan(キルギス共和国)のManas国際空港を重要拠点として警戒を行っている。
キルギス共和国 - ja Wikipedia

積雪が確認できるこちらの写真では、厳しい寒さの中で空港付近の監視を怠らない兵士の姿が写し出されています。この隊員の首元にはCBのネックウォーマーが確認できます。ワッチキャップとネックウォーマーの組み合わせでかなりの防寒対策ができそうです。後頭部にネックウォーマーを引っ掛けている事から、普段は口元付近をネックウォーマーで覆ってバラクラバ状に使っている事が窺えます。


Official U.S. Marine Corps Photo by Lance Cpl. Jason Hernandez
OIF(Operation Iraqi Freedom)への派遣前に、訓練を怠らないアメリカ海兵隊員。M240G(海兵隊版)を使った銃火器訓練では、ベルトリンクでの発砲を行います。
M240機関銃 - ja Wikipedia

こちらの写真も相当な寒さなの中で実施された訓練のようで、向かって左の隊員は寒さで震えているようにも見えます。また、どの隊員も首元付近に何らかの防寒対策を行っており、赤枠で囲った隊員は今回ご紹介のネックウォーマーと同種のものと思われるものを着用しています。


Photo Courtesy of U.S. Army
「Screaming Eagles」の部隊章が目印の、U.S.Army 101st Airborne Division(アメリカ陸軍 第101空挺師団)の隊員が昨年10月に実施されたAir Assault Missionに参加したときの模様。

こちらの写真内の赤枠にあるのは、ポリプロピレンとライクラの混用品ではなく、フリース生地によるネックウォーマーにも見えます。フリース生地の場合は、吸湿性が皆無に近い為、汗が粒状の雫のままベタついてしまう欠点があるのが痛いところです。


アメリカ海兵隊隊員がひと時のXマス気分を楽しんでいるシーン。
海兵隊のイメージカラーでもあるCoyote Brownは、デザートピクセルのBDUに似合いますね~。何気にピクセルデザートのBDUも上下セットで所有しているのに、ここ数年は出番が無く、「箪笥の肥やし」状態になっています・・・。同様に3Cやウッドランドも全く使っていないので、勿体無いです。この辺りのBDUも活用を考えてみたいです。


程よく体も暖まり、動き易くなってきてご機嫌の様子。
来週位には早くも春一番が吹き荒れる予報もあるので、そろそろ春の到来の予感がします。次は「花粉」の対策も必要ですが、私にとっては寒さ程、大した敵ではありません。


ゲーム三昧の週末到来か?!今年も怪我無く、目一杯楽しみたいと思います!
Posted by ahahamaster at 15:42│Comments(2)
この記事へのコメント
もしや、EBRに載っているスコープはTITANの最小モデルでは!?羨ましい・・・
トレポンにLaRueの11を搭載してショートカービンのスナイパーモデルを
作ろうとしているのですが、全体に見合ったスコープが見つかりません・・・
TITANはすでに生産終了になっているんですよねぇ・・・
どこにも在庫がありませんでした(悲)欲しい時に物は無いという教訓です。
Posted by ジゲーン at 2009年02月14日 20:43
ジゲーンさん、こんにちは。
コメント有難うございます。

M14 EBR搭載のスコープは、仰るとおりTASCO TITAN 1.25-4.5x26mmです。

私はタイミング良く、GATE-1さんで店内在庫処分でセールされている時に出会い、手に入れる事ができましたが、今では殆ど見掛ける事がなくなりましたね。(曖昧な記憶ですが、その後TITANをフロンティアさんで見掛けたような気がします)

ゲームレベルのレンジでスコープが有用かどうかは別として、ショートモデルのスコープは外観がスタイリッシュになるので、私も大好きです。
Posted by Lumino at 2009年02月17日 17:54
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。