2014年09月28日

My New Magazine Pouches


ゲーム参加の間隔が空く中、少しずつですが物欲を刺激されるアイテムを手に入れています。


この日持ち込んだプライマリーウェポンは、Systema PTW M4。初めて?ショートスコープを搭載してゲームに臨んでみました。当初想像していた以上に使い勝手もよく、好感触です。もう絶版モデルになったと思いますが、TASCO TITAN 1.25~4.5×26 は接眼レンズの径も大きく、近い距離でも比較的合わせ易いように思います。
ちなみに手持ちで比べてみたところ、Aimpoint M2/M3 ドットサイトよりも接眼側の径が大きかったですし、最低倍率の1.25倍というのも片目をつぶって覗き見る必要もなく、両目を開けた状態で「あれ!?視力が上がったのかな?」と思える感じになり重宝しています。
とは言え、随分長い間所有しているので、少し心変わりしそうな雰囲気もあって、現在Leupold MarkVIに興味津々・・・です・・・。


この日の装備は、Tactical ConcealmentのViper Ghillie HoodとCrye Precision CPC MCとの組み合わせ。フィールドの植生的にも、普段だったら間違いなくチェストリグを選択するところでしたが、どうしてもこの日はCPCにしたかったのです・・・。


その大きな理由の1つがこちらのマガジンポーチ。Aggressor Groupさんで購入したHSP D3 ISS LEG SYSTEM / G-CODE。カラーは迷わずMulticam!
HSP D3 ISS LEG SYSTEM / G-CODE
元々はAggressor Groupさんのショップページにある通りのレッグパネル用のセットでしたが、バラしてしまってM4マガジンポーチ部分のみを脇腹に取り付けてみました。私の場合、左脇腹に取り付けたマガジンから使用するようにしているので、使用頻度が高い傾向にあります。そのため、少しでも早く抜けるよう、Kydex仕様のものをさがしていました。表面は単色ではなく、よくある水圧転写仕様でもなく、Multicamファブリックが薄く貼り付けられており、Multicam大好きな私にとってもツボにハマったアイテムです。
ちなみにこちら、東京マルイ製の次世代M4電動ガンでは、調節ネジをかなり緩くしなければスムーズな抜き差しができませんでした。実物マガジンと近い寸法のSystema PTW M4マガジンだと、ゲームでハードに使用することが可能です。


そしてこちらも新たに調達したマガジンポーチです。Tactical Tailor製のLow Vis Double Stack Pistol Double Mag Pouch。2013年SOFICの席で展示されていたピストルマガジンポーチで、流行のラミネート素材とエラスティックバンドを組み合わせ、背面にベルクロを施しただけのシンプルな造りが特徴的です。
こちらもAggressor Groupさんでゲット。イベントで販売されていたアイテムで、もう一目惚れで購入。Coyote Brown/Blackのツートン調というカラーリングはド・ストライクです!もっともその前に、ダブルスタックのマガジンポーチで、抜き差しがし易いものはずっと探していたというのも背景にありますが・・・。


さすがにバイポッドを取り付けるとワンハンドでのコントロールは難しいものの、アルミ製のバレルに取り換えて以来、軽量になったことから随分と取り回しも良くなりました。












足元は、陸自迷彩の時に1度だけ使ってみたOutdoor ReseachのCrocodile Gaiter (MC)を初めてMulticam Combat Pantsに組み合わせてみました。少しぬかるみがあるような場所や、砂利の多いところで泥水や小石がブーツの中に入ることがなくなり、気にすることなく歩き回れて便利です。
パンツのMulticamとツートン調にするため、Coyote BrownやBlackなどの単色モノと随分悩みましたが、これはこれでカラーリング的にも中々好みな雰囲気に仕上がり、その側面からも思った以上に満足しています。


TASCO TITANの接眼側には視度調整の機能が備わっているので、ターゲットへの倍率に応じて最適な焦点調節をおこなうことができます。マイ・トレポンは特に細かな調整など、ずっとしていないにもかかわらず素直な弾道を示してくれていてホッと一安心。高倍率に調整して、ターゲットへ吸い込まれるような弾道の後にヒットが取れると、病み付きになってしまいます・・・。


ギリーフードも堪能した後、ヘルメットへ切り替えてみることに。CPCとAirframeの組み合わせは、やはりシックリときます。


フィールド内の高く盛り上がった箇所から見上げるように撮影すると、真っ青な色の快晴の空!大好きな夏が終わり、秋になってやがて来る大嫌いな冬が恨めしい・・・です。






気候のいいこの季節、ゲームには何度行けるのか・・・。あー、早くまたゲームに行きたい!!
Posted by ahahamaster at 22:29│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。