2009年04月20日

TAC-T Modular Light Holster


TACTICAL TAILOR製のModular Light Holsterが届いたので、早速ゲームに持ち込んでみました。
TAC-T MODULAR LIGHT HOLSTER - Aggressor Group
TAC-T MODULAR LIGHT HOLSTER - Aggressor Group Blog

今時はハンドガンにもウェポンライトの装着を前提としたレールマウントが必須となっている事もあり、こうしたライト装着状態で挿入可能なホルスターをちょうど探していたところでした。

特にこの写真のように、マルイ製ミリガバにMR-07とX200を始めとしたウェポンライトの組み合わせだと、対応するホルスターをかなり選んでしまうので、私の場合このTAC-T Modular Light Holsterの存在は有り難いです。


TAC-TといえばMalice Clipの本家本元。このModular Light Holsterにも採用されているので、Molle/Palsに対応したアーマー類などの装備にも好みに応じて装着が可能となっています。

写真ではCIRASの腹回りに装着しているVOLK製 M4 DOUBLE MAG POUCH 4つの内、右端の1つを取り外してこのホルスターを取り付けています。

右脇腹に突き刺しているサイリュームを外して、TAC-T Modular Light Holsterを取り付ける事もしてみましたが、予想していた以上に不格好な雰囲気となったのでやめました^^;








ホルスター本体の形状が左右対称となっているので、マリス・クリップを射手の利き腕に応じて取り替えるだけ対応可能となっています。また、マリス・クリップと同様に高濃度ポリマーバンドにドットボタンを取り付けただけのシンプルな仕様で収納したハンドガンをホールドしています。高濃度ポリマーバンドが元来持つ弾性を利用してサムブレイクによって、ハンドガンを素早く取り出す事ができるようになっています。

友人によると、ドットボタンの裏側には金具が剥き出し状態となっているので、ホルスターに収納した状態で動き回ると、その振動によって銃自体を傷付けてしまう事があるそうです。私自身は銃に傷が付いたりする事に無頓着なタイプですが、一応、その状況を避ける為に、今度ドットボタンの裏面に粘着テープが施されたベルクロ♀を貼り付けようかと思います。


今回購入したModular Light Holsterのカラーは先程のホルスター単体の写真にあったようなODでした。後からデザートTANのスプレーを塗装しています。元のODと後から吹き付けたTANとの2色がうまい具合にキチャナクなって、「使い込んだRanger Green」っぽい雰囲気の色味になりました。予想していた感じの色味となったので、ちょっと嬉しいです^^
Posted by ahahamaster at 13:32│Comments(2)
この記事へのコメント
どうもです!
このホルスターってハイキャパの4.3inにも合いますかね?
フレームの関係で合わないホルスター多いんですよね・・・
ライトもつけたいので・・・
Posted by エイブラムス at 2009年04月23日 18:25
エイブラムスさん、こんにちは。
コメント有難う御座います。

サムブレイクバンドも融通が利きますし、ホルスター本体のマチも十分にありそうなので、デザートイーグルやMk.23などの超大型ホルスター以外は大丈夫だと思いますよ。

あとは写真でご判断を頂ければと思います^^
Posted by Lumino at 2009年04月27日 17:18
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。