2007年07月04日

Glock17 Stipple加工 カラー変更

色が気になる!という事で前回分解して塗装し直ししていたマルイ製Glock17。
乾燥も終わり、早速組立してみました。


↑照明の関係で、妙にテカテカして写っています。
SurefireのX200Bを装着してみると、自分好みのいい感じになりました。


↑前回のカラーがイエローっぽいTANだったのですが、今回は再度全体をTANベースにスプレー塗装した後に、霧吹き状に細かいODのスプレーを吹きつけ、TANの明るさトーンを落としています。


↑トリガーガードの丸み部分。後程出てくる写真には、ノーマルGlockと比較した写真で見比べてみたいと思います。


↑ミリタリーな雰囲気を出すようにしたのですが、トリガーの一部を赤色に・・・。若干コンセプトと合ってませんね・・・。この部分だけは、イメージ的にスピードシューターのような感じになっています。


↑ノーマル・グロックとの比較です。


↑3rdジェネレーション特有(?)のフィンガーチャンネル(+チェッカリング)も無くなっています。


↑グリップ部を背面から比較。


↑結局買ってしまった、BlackHawk!のCQCホルスター・グロック用・・・。
SEPRAのプラットフォームがコヨーテなので、そのカラーと合わせたかったのですが、BKしかありませんでした。
同じくCQCのマガジンホルスターもプラットフォームに装着しています。ダブルタイプなので、マルイのGlock17にピッタリ☆
プラットフォーム部分には2本のレイルがあるので、残りの1本にはSureのX200Bを付けてみました。
トリガーガードにロックするCQCホルスターって、良く考えられたシステムですね。フェザータッチでリリースできて、思わず何度もカチャカチャと遊んでしまいます^^;
Posted by ahahamaster at 11:16│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。