2009年08月16日

Suzuki Jimny

中々梅雨も明けず、よく分からないままにお盆休みとなりました。一年で一番好きな季節だけになんだか勿体無く感じて過ごしています。お盆過ぎると夏も終わり・・・。気が付けば昼はトンボが飛び交い、夜になるとコオロギが鳴いています。あーもう秋の気配だ・・・。

お盆休み中、友人に誘われて四輪オフロードで遊びに行ってきました。

アウトドア好きな彼とは趣味が合い、なんだかんだでもう15年の付き合いになりました。
ついこの前はオフロード自転車のダウンヒルに夢中でしたが、今は愛車のジムニーに夢中のようです。

オフロード四輪車といえばジムニーの名前が繋がるくらいは頭の中にありますが、正直ジムニーが如何ほどのものなのか良く分かりません。


ということでやってきたのがこちらの傾斜。赤枠で囲った箇所は写真で見ても分かり難いですが、実際に見てみるとかなりの傾斜角度があります。


この数日前までパラパラと雨が降っていたせいもあって、地面はぬかるんでいます。下見の為に一度徒歩でこの傾斜を登ってみましたが、急な勾配と粘土質な地面が相まってタイヤが地面をつかむのは難しいのでは?と感じます。


坂の頂上から下を見下ろした風景。
肝心の登坂中の写真は同席していた為、撮影していませんでした(汗
で、結果はと言うとアッサリと登ってしまいました。



こちらが足回り。4インチ(だったかな?)のリフトアップをしています。ちょこちょこ社外パーツなんかも装着しているようですが、私はこの手の事に全く疎いのでよく分かりません。本人曰く、アマチャンの領域との事で、色々やりたいカスタムがあるようです。クルマはカネが掛かりそうですね・・・。


今度は比較的長い山道へ。雨の日ともなると「道」というよりも「川」と言った方が適しているかもしれません。普通の自動車ならパンクしてしまいそうな石がゴロゴロしています。


落石でしょうか、比較的大きな岩が道の中央付近に転がっています。さすがにこの大きさだとタイヤで乗り越える事ができないので、迂回します。


四駆モードでMTを1速へ落とすと強力なエンジンブレーキが掛かるようで、ゆっくりとしたスピードでこの岩を避けます。


こういう趣味を深くやっている人からすれば、こんなの当たり前だーのレベルなのかもしれませんが、初体験だった私としてはちょっと衝撃的でした。クルマがこんな荒れた道を走るとは・・・。


写真を撮っていませんでしたが、道中にはV字状にえぐれている箇所もあって、うまく車体が跨ぐ事ができない時には大きく車体が左右に傾き、転倒寸前にまでなった時には、さすがに怖かったです。


スリリングな体験ができ、無事に帰れてホッと一安心。

YouTubeなどの動画共有サイトで「ジムニー」や「Jimmny」をキーワードで検索をすると超上級者たちが道無き道や、瓦礫の山をウネウネと登るジムニーの勇姿が見れます。
ジムニー、恐るべし!
Posted by ahahamaster at 17:24│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。