2007年08月07日

GLOCK17 リアルフレーム TAN

ガーダーから東京マルイ製グロック17用のリアルフレームがいよいよ日本にも入ってきましたね。
Glockファンには待ち遠しかったアイテムです^^

カラーはオーソドックスなBlackだけでなく、実銃Glockでも存在すると言われているOD、カスタムラインで人気と言われるTANの3パターン。


↑BlackのGlock17はマルイ純正のドノーマルGlock。SurefireのX200BとGlock用のテープスイッチを装着。
TANとBlackのツートン・カラーのものがGuarderから発売中のリアル刻印フレームを装着させたもの。ピカテニィー・レイルに装着しているのはBlackHawk!のストロボLED Xiphos。


↑タン・カラーとの事ですが、どちらかというとTANGODOWNのダークアースに似た感じの色合いです。TANよりもダークアースの方が個人的に好きなので、今回のはかなりいい感じです。
スプレー塗装によるものではないので、ムラもなくていいです。

しかも、今回のフレーム、純正のフレームと比べて物凄く硬質の樹脂を使っているようです。
指で叩くと、金属音のような高音でキーンと音がなります。純正と比較するとその音の違いはハッキリと分かります。
GLOCK-17 Original Frame for MARUI G-17 (TAN)


↑ODバージョンも迷いました。いわゆるODよりも、「くすみ」が掛かっていて雰囲気が良かったです。
でも今持っている装備関係がTAN、ダークアース系統なので、統一させる意味からODを諦めました。
もう1つカスタムベース用にと持っているGlock17にはODフレームをつけてみようかな・・・


↑角ばった顔付きのグロックにはXiphosが自分のイメージにもピッタリです。


↑フレームの下にあるプレートもリアルバージョンが登場していました。
こちらはマルイ純正のプレート。比較した写真を撮り忘れたので、次回の更新で掲載してみたいと思います。
Series No. Tag for MARUI GLOCK-17
ちなみにこのリアル刻印のプレート、国内では800円程度でショップ店頭に並んでいますが、意外と需要が高いそうで、まとめ買いユーザーが多く、よく売れているそうです。
狙われている人は早目にゲットしといた方が良いかもです。


↑何だかんだと、気が付けばグロック17/18だけでこんな状態になってしまいました・・・。
必要なものとそうでないものを、そろそろ整理しないと・・・^^;
Posted by ahahamaster at 14:59│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。