2009年09月02日

Eagle Multipurpose Chest Rig

夏用の軽量装備として購入したEAGLEのMultipurpose Chest Rig。結局なんだかんだ言って、この夏も例年通り殆どゲームに行く事が無く過ぎ去ろうとしています。

そして何よりも今年の夏はとにかく忙しい・・・です。そんなわけで唯一の息抜きであるこのブログの更新も殆どままならない状態です。コメントのレスも遅くなってしまって申し訳ないです。後ほど順次返信させて頂きます。

と、ご挨拶もソコソコに、こちらがその”マルパー”ことEagle社の「Multipurpose Chest Rig」です。カラーは相変わらず大好きなRGを選びました。
購入して早速塗装を開始。ご覧の通りウェザリング(汚し加工)をしています。

Multipurpose Chest Rigは、すっきりとしたシンプルなレイアウトながらも、必要なものが収まるようになっています。フロントスプリットタイプも迷いましたが、結局フロントスプリットの無いタイプにしています。
フロントスプリットタイプだと、動きが激しい時には自然に開放されてしまうのでは・・・との懸念があって避けましたが、今となっては、マルパーの背面はH型のハーネスとなっているので、実際に着用する際にはフロントスプリットタイプの方が随分と着脱し易いようなので、そちらにしておけば良かったかも・・・とも思います。

そして写真内の赤枠にあるように、M16/M4マガジンポーチのフラップを固定するファステックスのオス側は基本的にあまり使う事が無いので目一杯に短くしています。


特殊部隊らしき隊員が写っている写真なんかで見掛けるものでは、中にはフラップ側のファステックスをわざわざ取り外しているケースもあるようです。確かにダブルでマガジンを挿入した状態が多く、シングルになった場合でもマルパーのマガジンポーチにはベルクロが施されているのでファステックスの必要性が無いのかもしれません。

このあたりは個人の主観のようなものなので、実際に想定された仕様ではないかもしれませんが、むしろマガジンを取り出し易いようにフラップを折り畳んでマガジンとチェストリグ本体の間に差し込む時に、フラップのメス側は邪魔になるような感じもします。

任務中の移動や行軍中にマガジンを落下させて紛失するという最悪の事態を避ける為に、軍用モデルのマガジンポーチには、しかと固定できるような仕様とされているという事を耳にした事があるので、その辺りも考慮されているかもしれません。あくまでも想像ですが・・・。


電動ガンでのウェザリングだけに飽き足らず、装備にまでウェザリングをするようになりました。ちょっとしたマイブームです^^;
今回もいつもの如く、この手のウェザリングを得意とする友人に一任してやってもらいました。アザース!

RGの場合、元々くすんだ感じの色味なので、TAN系統での泥汚れによる激しいウェザリングをするよりも、油汚れのようなイメージでクロを基軸に数色でスプレー塗装を行っています。これによって「使い込んだ感」を演出してもらいました。出来栄えを見て、大変満足しています。


マルパーの内側。こちらも外側同様の雰囲気を出しています。メッシュポケットにはプレートを逆さまにして挿入出来るようにという現場の意見を取り入れた為に、下方向へ傾斜が付いているんだとか。最近はあまりネット上をウロチョロする機会も無かったので、実際にそうした使用をしている写真をまだ見ていませんが、一度ダミープレートで試してみようと思います。


こちらは前回の投稿でご紹介した写真。赤枠内はバッテリーなどを入れる為のポケットで、青い箱が単三電池ケースです。


で、その単三電池ケースはというと、こちら。DuracellのAAバッテリーです。
小箱に4本の単三電池が入っているので持ち運びにも丁度いいです。コストコでお徳パック販売されています。


ゲームに行っていない割にはチョコチョコと細かいものが増えていました。
Vanalas製のダミーAN/PEQ-15にPEQ用のリモート・テープスイッチを付けたいと思っていたところ、キャロルさんにあったので迷わず購入。
確か、レプリカのテープスイッチも海外のエアソフトフォーラムではComing Soonとなっていたっキリでその後どこのショップさんの店頭でも見掛けた事がありませんでした。
ダミーPEQ-15はモナカ状のタダの箱なので、このリモート・テープスイッチを付けたからと言ってどうにかなるわけでも何でも無いのですが、この手の”雑貨”スキですねー^^


まだ「仮」で付けているだけなので、テープスイッチの位置が決まっていません。その為、粘着テープが付いたベルクロもまだシートがついたままの状態です。


あと、こちら、ミリタリーとは無関係ですがカメラケースを買いました。VANGUARD製のカメラケースですが、たまたまカメラ屋さんに飾ってあったのを見付けて衝動買いです。


下方向にレンズが向くような設計となっています。シンプルな造りですが中々に良く考えられた事が垣間見れます。


体と接する側に小さなポケットがあり、「Rain Cover」のタグが縫い付けられています。


メインファスナーは体側から外側へ向かってフタが開くようになっているので、肩から掛けたままでカメラを取り出せます。


こちらが全開の状態。上蓋の内側には予備のメモリーがストック出来るように小さなポケットが用意されています。


先程の「Rain Cover」と書かれたポケットを探ると中からレインカバーが登場。


ちょうどカメラケース全体がすっぽりと覆われるようになっています。不意の雨でも安心です。


8月の盆休みに続いて今月も「シルバーウィーク」なる大型連休があるので、ゲーム三昧したいところです。
あれ・・・?そういえば、毎年9月ってこんなに大きな連休あったかな・・・。
Posted by ahahamaster at 17:56│Comments(3)
この記事へのコメント
はじめまして。
以前仕事で装具を製作していましたが、ファステックスが必要なのは、
ベルクロが水につかったりすると張り付きにくくなるために必要と聞き
ました。あと、製作した装具の中には、ベルクロは、はがす時の音が出
やすいという注文もありましたので、用途に合わせてベルクロを使えな
くしてファステックスのみ使用するものなども製作したりしていましたよ。
Posted by fa-mu at 2009年09月04日 09:41
こんにちは、はじめまして。

マルチパーパスのファステックスの使い道、
AKマグとか使う時はあったほうがいいと思いますよ。

一応バンドでテンションかかってますが
移動時の紛失防止にはあった方がいいと思います。
Posted by 塗れた子犬の会 会長 at 2009年09月07日 01:48
fa-muさん、初めまして、こんにちは。
コメント有難うございます。

コメント承認と反映が遅くなり申し訳ございません。

そうですね、ベルクロは便利なのですが水や泥、草木が干渉して接着力の低下に成りかねないですね。
サバゲ程度の使い方なら問題無くとも、プロの方たちでの使用となると、やはりファステックスとの併用はそういった点からも必要な対処といったところなんでしょうね。


塗れた子犬の会 会長さん、初めまして、こんにちは。
こちらもコメント承認と反映が遅くなり申し訳ございません。

そうですね。マルチパーパスじゃないですが、今までにフラップの閉め忘れ等々でマガジンを無くした事が何度かあるので、気を付けるようにします。
Posted by Lumino at 2009年09月28日 15:03
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。