2007年08月11日

MAGPUL PTS MASADA SD DarkEarth

MAGPULのサイレンサーをゲットしました~^^

PTS(Professional Training & Simulation Division)はマグプルがエアソフト用に開発しているパーツブランドとの事で、香港のトイガンパーツメーカーOEMによるものだそうで、ライセンス生産によるMagpul刻印のみのようです。


↑MAGPULの赤いロゴがカッコイイですね~。箱を開ける瞬間ドキドキしちゃいます♪


↑TANカラーのEOTech553と似た感じの色合いで渋い!Mad-Bullから既にリリース中のGEMTECH(ジェムテック)サイレンサーと同型のフォルム。


↑印字が若干ポップ調なのが個人的にはチョット・・・残念かも。せっかく渋いカラーのダークアースなのに、これは似合わない気がします。ビシッとキメて欲しいところでもあります。

この「MASADA(マサダ)」って、そういえばこの前発売されたSATマガジンの最新号に名前の由来が書いてありましたね。

「MASADA」とはイスラエルの「マサダ要塞」から来たものだそうで、ヘブライ語が語源となっているんだそうです。
マサダ要塞 - Wikipedia

私もてっきり日本人か日本に由来するネーミングなのかなと、勝手に思い込んでいました。


↑実際の電動ガンでの消音効果はともかく、ACCESS OVERSEASさんのサイトでこのアイテムのリリース情報を知った際に、真っ先に「欲しい~!」と思っていました。
MAGPUL PTS MASADA SD Dark-Earth - ACCESS OVERSEAS


↑実際に装着させた際のイメージが気になるところです。早速今日にでもHK416に装着させてみたいと思います。

このサプレッサー、値段は定価14,000円程と、トイガン用のサプレッサーにしては高価な部類になると思うのですが、そこはもう「こだわり」と言いますか、趣味の世界なので・・・。物欲に負けてしまいました^^;

今回の購入先はAGGRESSOR-GROUPさんで買いました。

特殊部隊装備屋 AGGRESSOR-GROUP
Posted by ahahamaster at 14:35│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。