2007年08月15日

Benelli M3ショーティー&BHI ZMスリング

先日久々のナイトゲームに参加させて頂きました。

最近は銃と装備を大幅に変更した事もあって、まだまだ思うように動けず、物足りなさを感じる事も多いのですが、とにかくゲームは楽しいですね~。

勝っても負けても楽しい、そこにサバゲーの面白さといいますか、醍醐味みたいなものを感じます。
所詮は自己満足の世界。成り切ってナンボですからね!^^

ナイトゲームという事もあって、大光量ライトのSurefire M4デバステーターを投入しようかと思い、引っ張り出してきました。


↑ふと目にしたマルイ製コッキング ショットガンのベネリM3 Shortyに装着してみました。
M3ショーティーにM4デバステーターという組み合わせも、個人的には中々いい感じです^^

スリングはカービンによく使われているBlackHawk!のZMスリング。
このスリングはゲーム仲間の方が大絶賛していたスリングですが、実際にまだ使った事がありません。

BHIの装備類は、その多くがMade in Vietnumとの事で、ベトナム製が主流の中、このZMスリングは数少ないMade in USA。カラーはBlackのみ。
アメリカ製だからかどうかは分かりませんが、このスリング、ただの「ヒモ」のくせして10,000円近くします!スリングの中ではかなり高価な部類。
元取るくらいに使い込んでやるぞぉ~!


↑ワンタッチでリングに装着できるようになっている金具と、伸び縮みするゴムヒモが特徴的です。(金具付近をめくっています)
金具は結構固め。ゴムヒモもかなり固いです。非力な私にはどちらも、もう少し緩くてもいいような気が・・・^^;


↑M3ショットガンにはモスキートモールド製のレプリカのレイルを装着させています。やっぱりレールがあると雰囲気がよりタクティカルなイメージになっていいですね~。


↑シュアファイアーM4デバステーターを支えるのはKnight's Armament社製のマウント・リング。
マウントベースはKing ArmsかG&Pだったかのレプリカです。A.R.M.S.タイプのスローレバーになっていて脱着が簡単なので重宝しています。
レールに装着させた際の角度が若干変わるので、場所によってはスイッチ・プッシュが容易になる事もあって便利です。


↑今時はレプリカで刻印入りも沢山出回っているので、リアルパーツは限りなく自己満足の世界になっていますが、それでもやはりこのナイツ・アーマメントの刻印に惹かれてしまいます・・・。


↑M4デバステーターのお尻に装着しているのは、同じくSurefire社のModel XM00 Dual Switch / Tail Cap Assembly。
専用のリモートスイッチは持っていませんが、何となく見た目がカッコ良かったので買っちゃいました^^;
これだけで12,000円近いというのは高過ぎる・・・。


↑M3本体にショットシェル・キーパーを装着。両面テープで貼り付けるだけの簡単なもの。


↑どこ製だったかは忘れましたが、見た目が気に入ったのと、ゲームでも中々使えて満足^^


↑ショットシェル・キーパーとは別にEAGLE製のショットシェル・ポーチも持つ事で弾数に不安無し!
・・・って、実際はそんなにゲームで撃つ機会が無く、殆ど出番がありません・・・ORZ


↑単にBB弾をジャラジャラと入れるのではなく、ショットシェルをマガジンとするスタイルはよく考えられたもんですよね~。ショットシェルを交換する作業だけで雰囲気がグンと上がって楽しめますから。

と、まあこれだけM3の事を書いておきながら、先日のナイトゲームではこのM3もZMスリングも、更にはM4デバステーターさえも持って行かず、別のを持って行きましたw

また夜戦に行きたいですね~。
Posted by ahahamaster at 04:52│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。