2007年08月16日

G&G Armament PM5A4

先週、ファーストさんに行った際に、珍しい(?)ものを発見。
G&G製のMP5A4・・・じゃなくて、PM5A4。


↑パッケージを飾るのはH&K UMPのようなフォールディングストック版のPM5A5。
でもよく見てみると、チェックがA4に入っています。
個人的には、A5のこの独特のストック形状が好きなので、ちょっと残念。

このG&GのPM5は去年の10月リリースだったハズですが、何故かどこのショップさんでもあまり見掛ける事がありませんでした。もしかして、あまり人気無いのかな・・・それとも見落としていただけなのかな・・・。

今回ファーストさんでも、たまたま1つだけ入荷したそうです。お値段は確か3万円台後半だったと思います。


↑今から約5年前、本格的にエアガンを趣味となった際に、初めて購入した電動ガンが東京マルイ製のMP5A5でした。なので、この銃に対する知識は無いものの、私にとってMP5はちょっとした思い入れのある銃です。

5年前の当時はこんなにエアガンやサバゲーにハマるとは思ってもいませんでした。

小学生の頃に仲間内でちょっとしたブームで、コッキング式のエアガン片手に、学校が終わると近所の空き地や住宅街(今では考えられません・・・)で撃ち合いゴッコをやったものです。
しかも、ゴーグルをする習慣なんてものは当時はありませんでしたから、今考えると恐ろしい限りです・・・^^;

その時に、ちょっとお金持ちの子とかが、コッキング式のライフルを持ち込んできたり、セミオートのガスハンドガンを持ってきて、皆の羨望の的でした。

ハンドガンを買った時に箱に入っていたマルイのカタログを見て、M16やMP5に憧れていたのを、今でも覚えています。
いくら位だったかは覚えていませんが、小学生の私にとって、それら大型のエアガンは高嶺の花で、そう簡単に買ってもらえるものではなかったのです。

そんな当時の事を思い出しながら、初めての電動ガン購入をする際に、真っ先に手に取ったのがMP5A5。
試射レンジで連射をした時の感動は今でも忘れられません。

話がだいぶ反れてしまいましたが、そんな経緯でMP5を購入しました。今でも大切に飾っていますが、残念ながら殆ど出番無しの状態です。
と言うよりも、使い過ぎてボロボロ・・・。まともに動くのかな・・・^^;


↑ハンドガードの形状がマルイ製とは異なり、実銃に近い構造になっているそうで、実物パーツと互換性ありとの事でした。


↑写真では分からないですが、固定ストックの表面加工もマルイ製とは違った感触があります。


↑先日久々にSWATのドキュメンタリーDVDを観ていました。
ディスカバリーチャンネルのS.W.A.T. ラスベガス編です。登場するSWAT隊員がフル装備で構えるMP5に見入っていました。
固定ストックタイプを使っている人もいて、使っている漢(オトコ)がイケてると、全てがカッコ良く見えてしまいます^^;


↑PTWタイプのハイダーとの事です。

そういえばさっきミリブロのSATマガジン・ブログを見に行くと「SAT用MP5」という記事があり、マルイ製MP5JをベースにB&T(ブルガー&トーメ)のTL-9風ハンドガードを装着させたアングスさんのカスタムMP5が掲載されているのがありました。これまたかなりイイ感じです。
SAT用MP5

エアガンやサバゲー関連のコレクションをいい加減整理しようと思っているのですが、MP5はベース銃として、やっぱり残しておこうかな・・・。迷い中です。
Posted by ahahamaster at 01:02│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。