2007年08月20日

SD Glock17 +2マガジンベース

SD(Shooters Design)から発売された、マルイ製グロック17用の+2マガジンベースを装着してみました。


↑マガジンがボコッと飛び出しているのが分かります。


↑ノーマルマガジンと並べて比較してみました。


↑Glock社のロゴが刻印されていて、「+2」の表示になっています。
実銃のグロックのマガジンを見た事があるわけじゃないので、どこまでリアルなのかは知りません。


↑BB弾を押し上げるスプリングを爪先で少し引き下げてあげると、マガジンベースがスライドしました。


↑KSC製のGlockと同様のガス注入スタイルなんだとか。KSC製のGlockを持っていないので、その辺の例えがよく分かっていませんが・・・^^;


↑Glock17本体に装着した状態で横から比較。かなり大きく出ています。

このパーツを海外サイトの「DEN Trinity Shop」で見たのが初めてでした。
Shooters Design +2 Style Magazine Base With Logo For Marui Glock 17 GSMS919 - DEN Trinity Shop

正直なところ、買い物する時にこのタイプのマガジンベースではなく、「Shooters Design Magazine Base With Logo For Marui Glock 17 - GSMS918」という薄型タイプのマガジンベースを探していたのですが、急いでいたせいもあって、間違えて購入してしまいました・・・^^;
Shooters Design Magazine Base With Logo For Marui Glock 17 GSMS918 - DEN Trinity Shop

この薄型のタイプの方が、個人的には好みです。厚いタイプだと、何となく自分の中のイメージに合いません。
でもマグウェルを装着させるとイイ感じかも・・・。

ちなみにこの分厚いタイプで1個2,000円程度、薄い方のタイプで1,200円程度だったと思います。
最初は薄いタイプで全部のマガジンを交換するつもりでした。

ところが、分厚い方になると、5本ある予備マガジンを全て交換するだけで1万円!それはさすがに予算オーバーです・・・^^;
しばらくはフツーのノーマルマガジンで使う事にします。
Posted by ahahamaster at 20:50│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。